相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

博士の生涯と業績を展示する「野口記念館」

2016-12-07 11:18:30 | 史料館
福島県耶麻郡猪苗代町(猪苗代湖北岸)越後街道=国道49号線沿いに福島県第一号の博物館「野口英世記念館」はある。日本の歴代科学者人気№1、千円札の顔でお馴染の野口英世は磐梯山の麓、猪苗代湖畔の自然豊かな三ツ和村(現猪苗代町)で生まれた。この記念館にはノーベル賞の候補にもなった科学者・野口英世の生涯と業績をわかりやすく展示している。館内には野口英世の胸像、身の廻り品や書籍などの遺品をはじめ、参考品の数々が陳列されている。また、会館隣には茅葺屋根の「野口英世生家」が当時の姿のまま保存されている。会津地方独特の建築様式の生家内には博士の生涯を左右した左手火傷を負った「いろり」や、少年清作が上京の折に「志を得ざれば再び此の地を踏まず」とその決意を力強く刻みつけた床柱なども残されている。敷地内には「観音堂」と「誕生地の碑と忍耐の碑」が建立されている。母シカが植えた桑の木、洗い物をした小川もある。野口英世は黄熱廟の研究をし自らも感染し51歳の短い一生を終えている。(1612)














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉最古の厄除け神社「八雲... | トップ | 大地震のあとの熊本  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史料館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL