相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

天神さんと呼ばれている「長岡天満宮」

2017-05-19 13:29:15 | 神社
京都長岡京市に天神さんと呼ばれている「長岡天満宮」はある。御祭神は菅原道真公、創建は道真公没後(延喜3年)とされ、自作の念仏像を祀る。長岡は一次首都であり、菅原道真公が在原業平らとともに詩歌管弦を楽しまれた縁深いところである。右手に八条が池中堤のつつじを眺めながら進むと樹齢百数十年の「きりしまつつじ」が真紅に染まった参道はまるでつつじ回廊のようである。鳥居を潜り境内に上ると鮮やかな朱色の「拝殿」、三間社流造りの「社殿」(平安神宮社殿を移築)が建ち並び、紅葉庭園や石碑の庭がある。また八幡社、春日社、長岡稲荷大名神などの末社がある。四季の花、特に「きりしまつつじ」が神域を彩り、寛永15年築造「八条が池」に囲まれた美しい静寂漂う神社である。(1705)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モナの丘は「バラ」と「ハー... | トップ | 座間「立野台公園」ハナショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL