相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

旅の塒「かんぽの宿 熱海 本館」にて!!

2017-05-11 09:15:01 | 国内旅
静岡県熱海市水口町の車一台がやっと通れる急こう配の坂道を上った高台に熱海市街と相模湾を望む絶景の温泉ホテル」というキャッチフレーズに誘われて「かんぽの宿熱海本館」が今回の旅の塒(宿泊)となった。起源は奈良時代と伝わる熱海温泉は日本を代表する温泉リゾート、もちろん温泉大浴場もあり解放感あふれる露天風呂、圧注浴、寝湯等の4種類そしてジャグジーもある。ルームは5階のシングルベット2つと和室がある和洋室であった。もっと上階のルームよりバルコニーからの黄金色の朝日と紺碧の海を眺めたらの期待はすこし遠のいてしまったそれでも十分堪能できた。全室オーシャンビューで紺碧の海と、煌めく夜景を一人占めできそうである。な、の客室。夕食は「熱海 旬彩 会席膳」であった。先付「新緑豆腐、アスパラソース添え」、前菜「季節の盛り合わせ」、温物「小倉蒸し」、刺身「五種盛り合わせ」、煮物「飯蛸と冬瓜」、台物「牛肉の陶板焼き」、揚物「あいなめの変わり揚げ」、食事「白御飯、汁物、お新香」、デザートであり十分舌鼓を打つことができた。翌朝はバイキングスタイルの朝食。思ったよりは種類も多くバラエティーに富んでおり満足いくものであった。機会あれば今一度「塒」としてもいいかなと・・思えるものであった。(1704)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1400年の歴史輝く聖徳宗総本... | トップ | 南都六宗の1つ、律宗総本山「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL