相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

「相模原麻溝公園」豪華な花房のシャクナゲが咲き始めた!!

2017-04-04 13:32:05 | 公園・庭園
相模原麻溝公園にはシンボルの「グリーンタワー展望塔」、センター広場、花の谷、フィールドアスレチック、子供広場、芝生広場、ふれあい動物広場、樹林広場があり遊びに休息に、アジサイ小径、外周フェンスに咲くクレマチスと花観賞ができる総合公園である。今の花といえば主役は桜で各地から開花、満開の知らせが届いている。もう一つ春を彩る花木として不可欠の存在となっているのが「シャクナゲ」である。赤、白、黄、ピンクなど変化に富んだ花色と、大きく豪華な花房は他の植物を圧倒する美しさを誇る。樹林広場の奥、オープンカフェの所に5本と本数は少ないが赤、ピンク、白の花色のシャクナゲがある。いま赤色の「シャクナゲ」が豪華な大きな花びらを広げて咲き始めて。春を彩る花木の代表のシャクナゲは花言葉は「威厳、荘厳」でその品格高さを誇示している。(1704)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京最大の「青山霊園」は桜... | トップ | 小田急小田原線「座間駅」~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

公園・庭園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL