相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

「相模原麻溝公園」に白い苞の「ハンカチノキ」が咲きだした!!

2017-04-21 11:40:53 | 公園・庭園
相模原麻溝公園「樹林の広場」の一角に2本の白い大きな苞葉のある花を咲かせる「ハンカチノキ」が咲きだしている。まだ全体的に薄緑色をしているが、花はハナミズキのような頭状花序になり2枚の苞葉に囲まれている。その白い苞の形から「ユウレイノキ(幽霊の木)」とか「ハトノキ(鳩の木)」とも呼ばれる珍しい不思議な植物である。花をつけるまでには10~15年ぐらいかかり、しかも開花してから1週間前後というなんとも儚い短い命の花である。2本あるハンカチノキには数百枚、2枚の白い苞が本当にハンカチを吊るしたように垂れ、時折吹く風にひらひらと揺れ出す開花現象を見れる日はもうそこまで来ている。(1704)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相模原麻溝公園「クレマチス... | トップ | 相模原公園=せせらぎの園地区... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL