相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

国の史跡指定の鎌倉五山第四位「金峰山浄智寺」

2016-12-13 12:00:01 | 寺院
鎌倉市山ノ内・西南の谷戸に鎌倉五山第四位、臨済宗円覚寺派の禅宗寺院「金峰山浄智寺」はある。創建は弘安6年(1283)、鎌倉幕府第五代執権・北条時頼の三男宗政が菩提を弔うため興した。本尊は過去・現在・未来の仏様である三世仏(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)。東慶寺のそばにあり石の橋を渡ると「惣門」、その先に鐘楼を兼ねた重層一間一戸の中国風の「三門」、門を潜ると右側に本尊を祀る仏殿「雲華殿」がある。仏堂の前にはイチョウが黄金色になって地面を染めていた。樹木豊かで起伏に富んだ寺域全山は「浄智寺境内」として国の史跡となっている。境内の至る所に「露の井」、「庫裏」、「布袋尊」、「天柱峰」、「狸塚」、「横井戸」など見るべきものが多くある。当寺は最盛期においては七堂伽藍を備え塔頭も11寺院を擁する大寺の名残りが感じられた。(1611)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉の名刹・古刹の鎌倉五山... | トップ | 日蓮宗最古級寺院のひとつ「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

寺院」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL