相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

県立相模原公園「グリーンハウス」の花々!!

2016-10-18 14:58:49 | 公園・庭園
県立相模原公園にある大温室「グリーンハウス」入口前には真赤なそしてピンク、黄色の「ケイトウ」、その横にまるでビロードのように輝く「センニチコウ」(千日紅)、そして室内「トルコキキョウ」展が開催されている。「ケイトウ」は花が鶏の鶏冠(とさか)状に見えるのでこの名前になったもので夏から秋にかけて色鮮やかな花を咲かせそのユニークな形や種類の豊富さが皆を魅了する花でる。「センニチコウ」は花そのものではなく紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞で、その苞の部分はドライフラワーの素材にもなり色があせない、千日色が変わらないことから名づけられている。よくブーケや花束に用いられる「トルコキキョウ」は花や蕾の形がトルコ人のターバンを連想させることや、一重咲きの花の形がキキョウに似ていることや、原種の青色の花びらがトルコ石を連想させることに由来したといわれている。花言葉は「優美」、「すがすがしい美しさ」、「希望」、、「良い語らい」、「思いやり「、「あなたを思う」からか結婚式に使用されるのであろう。(1610)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和記念公園「こもれびの里... | トップ | 臨済宗建長寺派屈指の名刹「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL