相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

多摩川の鎮守、大女様といわれている「女躰神社」

2016-10-29 08:21:18 | 神社
川崎市幸区幸町に江戸時代より南河原の「大女様」(おおめさま)として多摩川の鎮守として崇敬されてきた「女躰神社」はある。創建年代は口碑の伝によれば永禄年間。なんとも艶めかしい社名であるが、女性の願いを叶える社としている。社伝によれば多摩川と鶴見川に挟まれたこの地は、たびたび大大水に見舞われてきたが、ある年、大洪水により田畑も水没し、村人たちの窮状に胸を痛めた一人の女性が水中に身を投じ水神の怒りを鎮めた。その後は水害も収まり村人たちは感謝し「ほこら」を祀り遺徳を偲んだのが始まりとされている。ご祭神は伊弉冉神。川崎ラゾーナ沿いに進むと「大鳥居」がありその正面に「社殿」、「神楽殿」がある。併設されている「幼稚園」の親子連れが境内で和んでいる。(1610)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霊場らしき町田の古刹「金森... | トップ | Monsterたちによる「女子美祭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL