相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

からすやま寺町の寺院「春陽山永隆寺」

2017-02-24 08:25:27 | 寺院
からすやま寺町の最北の奥、「妙祐寺」の隣に法華宗本門流寺院「春陽山永隆寺」はある。創建は慶長17年(1612)。家康の囲碁の師匠であった日義上人が開山となり神田鍛冶橋に寺領を拝領し建立。本尊は十界曼荼羅、木造宝塔。寛永年間に谷中清水町に移転、更に元禄4年(1691)本所出村(後の大平町)に再移転。水害に遭い古記録を流失、関東大震災後の昭和3年(1928)に烏山に移転。当寺には徳川家康公側室のお万の方より頂いた大黒(石像)がある。石敷の参道の先に薬医門形式の「山門」が構えられている。前庭も美しく手入れされている。山門を抜けると入母屋造り屋根、平入り、流れ向拝「本堂」がある。本堂から庫裏へ繋がった渡り廊下、枠無しの花頭窓と優美である。大きな山の唐破風屋根を施した「庫裏」玄関。見事な庭園ある境内には「鳥塚」、「水子供養」、墓域には人間国宝落語家「三遊亭圓生の墓」がある。(1701)













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧陸軍士官学校があった「富... | トップ | 相模が丘「仲良し小道」を5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

寺院」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL