相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

東叡山・比叡山と並ぶ大本山「日光山輪王寺」

2017-07-31 11:27:21 | 寺院
栃木県日光市に東叡山・比叡山と並ぶ大本山、天台宗の門跡寺院「日光山輪王寺」はある。明治初年の神仏分離令以後「東照宮」、「二荒山神社」とあわせて「日光の社寺」とか「二社一寺」と称される。「日光山内」として国の史跡に指定されとして世界遺産に登録された。創建は天平神護2年(766年)と奈良時代にさかのぼる。本尊は阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音である。徳川家の庇護を受けて繁栄を極めた末、国宝、重要文化財など多数所有している。境内には日光山最大の規模を誇る木造建造物で日光三山の本地仏をまつるお堂「三仏堂」(2007年(平成19年)-2018年まで大規模修理中である)、徳川家光を祀った「大猷院霊廟本殿・相の間・拝殿」、慈眼堂、常行堂、中禅寺、大護摩堂、四本龍寺等のお堂や本坊、さらに15の支院を有している。当寺は下野七福神(毘沙門天)の札所である。大本山に相応しい寺域、大伽藍には圧倒されるばかりであった。(1707)









   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霊場日光中の神下野国一乃宮... | トップ | 「日光東照宮」徳川家康公墓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL