相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

かにが沢公園花壇を「三色のマリーゴールド」が彩る!!

2017-09-08 15:12:41 | 公園・庭園
座間市緑ヶ丘にある「かにが沢公園」の入口には花壇があり四季折々の花が咲き市民の憩いの場となっている。今、円入口の左側の花壇では黄色オレンジ、黄、白の「マリーゴールド」が組み合わせよく花壇を華やかに彩っている。和名はクジャクソウ(孔雀草)、万寿菊、千寿菊で、鮮やかな黄色や橙色の花を長期間次々と咲かせ、栽培もしやすいことから花壇では定番&ポピュラーな花として花壇の縁取りによく植えられる花種である。キク科の花らしいボリューム感がある花姿をしている。12月くらいまで楽しめる花で、花言葉は「信頼」とか「悲しみ」、「生命の輝き」、「変わらぬ愛」、「濃厚な愛情」である。(1709)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徳川将軍家の菩提寺「無量山傳通院寿経寺」

2017-09-08 08:50:21 | 寺院
文京区小石川に徳川将軍家の菩提寺として知られる浄土宗の寺院「無量山傳通院寿経寺」はある。創建は応永22年(1415)、本尊は阿弥陀如来像である。将軍家の帰依も厚く、傳通院の名も家康の母の法名に因んでいる。4年前に完成したまだ新しい「山門」を抜けると広大な境内となる。その正面に昭和63年建造の堂々とした「本堂」がある。永井荷風はノートルダム寺院(パリ)にこの寺の美しさを例えた。右手に「書院」と「寺務所」が建ち並ぶ。山門左手に「鐘楼堂」と「法蔵地蔵尊」、本堂左奥の墓地には「於大の方」、「千姫」、「孝子」と徳川家ゆかりの女性のお墓がある。その他に作家の柴田錬三郎や佐藤春夫もここに眠っている。本寺は関東十八檀林の一つとして盛観を極めた。江戸三大霊山、江戸三十三箇所観音札所の第十二番札所である。(1709)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加