相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

相模川の生物がいっぱいの「相模川ふれあい科学館 」

2016-02-06 22:08:45 | 科学館
相模原市中央区水郷田名に相模川の自然に親しみ、守り育てる心をはぐくむ施設として、市民が集い、学び、遊びを通して相模川とのれあいを深めることを目的として昭和62年(1987年)造られた「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」(愛称)はある。人と川との繋がりや環境保護、人々の交流を促進するための機能を付加し『相模川に集い、親しみ、楽しく学ぶ交流拠点』をコンセプトに平成26年(2014年)にリニューアルオープした。約110種類8,000匹の水棲生物を展示のほか人と川とのつながりや環境保護、交流促進を目的とした施設に生まれ変わった。館内は「流れのアクアリウム」、「湧水と小川のアクアリウム」、「タッチング水槽」、「両生類水槽」、「タナゴ水槽」、「回遊魚水槽」、「相模湾水槽」のゾーンに分かれている。アクリル板一枚隔てた水槽内のお魚たちは流動的な泳ぎをし中々の迫力である。当館の外回りは川をイメージしたのだろうか水・池となっている。この美しさから「かながわの博物館50選」、「かながわの建築物100選」に選ばれている。(1602)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加