相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

日本三大急流を木船で下る「球磨川下り」に挑戦!!

2017-11-24 09:41:05 | 川・堰
球磨川」は熊本県内最大の川で最上川、富士川と並ぶ日本三大急流の一つである。「球磨川」は県南部の人吉盆地を貫流し川辺川をはじめとする支流を併せながら八代平野に至り八代海=不知火海に注ぐ一級河川で、球磨川水系の本流である。「球磨川」と言えば九州きっての急流、日本三大急流を木船で下るアクティビティがを体感できる「球磨川下り」である。歴史は100年以上と古い「球磨川下り」は今、「ショートコース」(30分)、「ミドルコース」(50分)や「激流コース」(45分)、貸し切り船の「ロングコース」(2時間~2時間30分)と合計4種類のコースがある。対岸に人吉城跡の山並みや樹木が見えるところに「くまがわ下り」人吉発船場がある。早速救命具を装着して乗船。定員15人、木船は動力装置は一切なく、あくまでも「船頭」と「ともはり」の2人が、船の前後に立って船を操るだけである。「船頭」が川の流れを読みながら進行方向に舵を取り、「ともはり」が木製の長い艪を漕ぐ、2人の巧みな舵さばきには操る力量を感じる。漕ぎ出され、川の流れにも乗っていよいよ「球磨川下り」のスタートである。川面ぎりぎりの川を感じ、緩やかな波、激しい波のところを進み、視線を移せば対岸の美しい景色、優雅に飛び休息する川辺の鳥、澄んだ川中の魚を眺めながらのスリリングな、そして風情を感じながらのスローりーな時の流れに身を任せた「球磨川下り」を愉しんだ。(1711)

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

磯部の分水路「三段の滝」

2017-08-08 22:26:10 | 川・堰
相模原市の西部を縦断するように流れる「相模川」の支流にある「鳩川」、下溝で「姥川」と「道保川」が合流し海老名市で「相模川」にまた合流する。途中、下溝と磯部の境の辺りで「鳩川」は「相模川」に沿うように近づく。そこに「鳩川」から「相模川」へ水を逃がす「分水路」が設けられ、段丘上からの放流の勢いを緩衝するために三段の段差が造られている。そのことから「三段の滝」と呼ばれるようになり相模原のそして磯部の名所の一つとなった。この周辺は段丘上からの美しい相模川の景観をのぞめ、「相模川散策路」が整備され一層相模川河畔の景勝地として親しまれている。また鳩川と道保川が合流して相模川に注ぐ風光明媚な「新三段の滝」もある。近くでは鮎釣り人もみかけられる。(1708)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模川「第32回帆掛け船復元実演会 2017」開催さる!!

2017-08-06 15:56:10 | 川・堰
うだるような暑さが続く晴天の今日(8/6)、磯部頭首工上流「磯部郷土民俗資料館側」で「第32回帆掛け船復元実演会 2017」が行われた。昭和初期まではここ相模川でもこの帆掛け船を使って平塚辺りまで物資を運んでいたという。主要な物流の手段であった帆掛け船、昭和58年に明治頃に使われていた帆が発見されたことを契機に1/3の大きさに復元し、昭和61年(1985年)からこの実演会が開催されるようになった。10時開会式、市長代、区長来賓の挨拶の後、10時30分いよいよ実演スタートである。微風状態であったが下流まで下り「帆掛け船」は静かに帆を立てと8名乗船の「伴走船」並走して上流に向けて進んだ。周りの緑の草木、遠くに雄大な丹沢山系を望み相模川の穏やかな流れ乗って進むさまはなかなか風情がある。古の運搬船の雄姿を彷彿とさせ、まるでタイムスリップしたかのような光景である。磯部のこの貴重な郷土文化をいつまでも継承してもらいたいものである。(1708)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「相模川磯部堰下床止め」白い川水流れる!!

2017-04-06 12:31:16 | 川・堰
新戸磯部の方に相模川の堰とでもいうべき「磯部堰下床止め」がある。この堰は上流の「磯部頭首工取水堰」と関係があるようで有害な土砂移動を抑制するためと水を堰き止め横浜方面へ水道水を送る目的で川を堰き止めている。堰から溢れる白い川水が下流へと流れる様と芝ざくらとのセットでここ相模川ならではの見どころの一つとなっている。(1704)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「相模川帆掛け舟実演会 2016」ベスト8景

2016-08-18 20:54:30 | 川・堰
真夏日の晴れ渡る先日(8/7)、雄大な丹沢を背景に悠々と浮かぶ帆かけ舟は相模原の母なる川「相模川」の磯部頭首工上流約500メートル地点において「帆か舟実演会」が行われた。ここ相模川では半世紀前、玉石や生活物資を運ぶ帆かけ舟が運行していたが堰等ができ廃止。昭和58年に明治時代に使われていた帆の発見を契機に「磯部民俗資料保存会」の手で復元された。舟は「長さ8メートル」、「幅1.4メートル」で以前の舟よりひとまわり大きくなった。80人近い人が次々に組に分かれて「伴走舟」に乗り悠々と浮かび帆走する「帆かけ舟」のそばを追走。陸上からとは違った臨場感、情緒あふれる舟姿の光景、昔の相模川の姿を思い出させてくれた。夏の風物詩としてこの「帆かけ舟実演会」の主役の光景をアングルを変え「接撮」、「近撮」、「遠撮」、「舟上撮」のベストショット集。(1608)














コメント
この記事をはてなブックマークに追加