相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

瀬谷区本郷のアジサイの名所「あじさいの里 白鳳庵」

2017-06-12 08:30:00 | アジサイ
横浜市瀬谷区本郷に「アジサイの名所」となっている「あじさいの里 白鳳庵」はある。ここは元横浜市議長「川口正英氏邸宅」で、主が十数年かけて50~60種、300株のアジサイを蒐集増殖したこによる。梅雨期の主役花、代表花としていまアジサイが咲き誇っており、この時期だけ無料で開放されている。瀬谷駅より徒歩15分、「白鳳庵の門」に辿りつくと、そこには元横浜税関、神奈川県庁で利用されていた立派な「門柱」があり、右側に「あじさいの里」と掲げられている。また門の前には「神奈川県庁の門」と刻まれた「石碑」も建てられている。ガス灯がついた立派な「門」を潜ると左側には歴史を感じる「白壁の蔵」が3棟がある。そして散策路前には「石灯籠」、「銅像」が建てられ、ガス灯がその名残りを留めている。また敷地内には境川の支流「阿久和川」へ流れこむ「水路」がありなんとも風情が感じられる。鬱蒼とした森を思わせる樹林には50~250年の古木・大樹が天をふさぎ茂みと化している。その木々の間を縫うようにアジサイ順路が200m以上続く。陽光地に植栽された各種アジサイが七変化の輝きで「あじさい回廊」、「あじさいトンネル」を美しく創り出している。(1706)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模が丘「仲良し小道」はアジサイの競演が始まった!!

2017-06-02 18:04:56 | アジサイ
小田急相模原駅南側の小松原交差点を起点に南北1.6km相模が丘の住宅地を縫うように走っており「さくらの名所」として知られる道の「相模が丘仲よし小道」はある。別名「さくら道」、「さくら百華の道」とも呼ばれている。終わった桜からバトンを受け今、小道の到る所に青、赤、白と色とりどりの毬のような花房をした「アジサイ」で彩られ始めている。本数は数えられないくらい植栽されているが少なく見て1000本以上はありそうだ。全体的に青のアジサイが多いがこれは土壌の関係、酸性が強いのだろう。アジサイの別名は「七変化」の花といわれるように花言葉は「移り気」であるが、梅雨期の主役登場によってこれから公園や道路が染まりアジサイ一色となり始める。(1706)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七色に変化し輝くアジサイ クローズアップ 2015

2015-06-18 08:50:02 | アジサイ
5月から6月にかけて見ごろを迎え梅雨の時期を美しく演出する花、風物詩と言えば「アジサイ」「あじさい」、「紫陽花」である。アジサイは相模原市の「市の花」であり「相模原麻溝公園」に170種、6000株、「相模原北公園」には200種、10000株が植栽されていてどちらもアジサイの名所となっている。相模原麻溝公園では6/6に「アジサイデー」が開催、相模原北公園では6/13~6/18まで「アジサイ・ローズフェア」が開催されている。アジサイ特有の花色を変える「七色の変化」という現象をみせることからアジサイは「七変化」の花と言われている。緑から青、そして紫へと色変わりする。咲き始めは薄い黄緑色、花(ガク)が大きくなるにしたがって緑色は薄くなり、徐々に赤色や青色に色づき始め、花の盛りを迎える。今満開だが盛りが過ぎると褪色して、再び薄い色になり、色調もくすんでくるという定めを持った花。自然と土壌(質)が創り出した芸術品ともいうべきアジサイは日本の四季を鮮やかにそして美しく彩る。見れば見るほど美しいアジサイの花姿も終焉の刻が近づいている。(1506)


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七色の変化の美しさを魅せる「麻溝公園のアジサイ!!2015」

2015-05-30 15:56:55 | アジサイ
5月から6月にかけて見ごろを迎え梅雨の時期を美しく演出する花、風物詩と言えば「アジサイ」(あじさい、紫陽花)である。ここ麻溝公園には管理事務所脇を進んだ「アジサイ小径ゾーン」、「フィールドアスレチックゾーン」、「樹林広場」、「花の谷ゾーン」、「芝生広場ゾーン」に170種、6000のアジサイが植栽されている。来月初旬開催予定の「アジサイフェア'15」の主役たちも一週間前より花びらも少しずつ大きくなり、一花一花が日ごとに色を濃くし、アジサイ特有の花色を変える「七色の変化」という現象を魅せて始めている。アジサイは藍色の花が集まるという意味「あづさあい(集真藍)」に由来し、別称「七変化」・「八仙花」または「四葩(よひら)」という。花色の変化は土の酸度がひとつの要因で、アルカル性で赤っぽく、酸性で青っぽくなるというなんともデリーケートな特性をもっている。人はその性質を巧みに活かし日本の四季を鮮やかに彩らせている。満開となったアジサイの集合美が完成するまでの約一ヶ月間、咲き始めは薄黄緑色、花(ガク)が大きくなるにしたがって緑色は薄くなり、徐々に赤色や青色に色づき始めやっと花となる「生育過程」を経てのことである。アジサイのひとつひとつの花の形状、色変わりしていく表情を見ていると不思議なほど美しい花である。(1505)


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加