相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

六角形の奇岩群が続く「塩俵の断崖」の絶景!!

2016-11-18 08:19:43 | 断崖
平戸市生月町壱部に「柱状節理」といわれる奇岩群が約500mにわたって続く断崖「塩俵の断崖」はある。マグマが冷却固定する際にできる「柱状節理」、溶岩台地の上に玄武岩が重なり垂直方向に亀裂が入って5~7角形の断面が作られ高さ約20mの柱がいくつも立って連なっている形になる。これぞ自然が作り出した迫力満点の芸術品である。その見事な景観は「長崎県新観光百選」にも選ばれている。またここは「生月大橋」から「塩俵」を結ぶ道路は「サンセットウェイ」と呼ばれ東シナ海に沈む美しい夕陽を眺められるスポットでありドライブができる絶景ロードである。(1611)














コメント
この記事をはてなブックマークに追加