相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

県立相模原公園において開催の「日本画展」を鑑賞!!

2017-10-31 10:43:22 | 絵画展
市民のオアシス「県立相模原公園」の「サカタのタネ グリーンハウス」内2階ギャラリーにおいて10/17~10/29まで開催されていた「みどり会」会員の岡村郁雄さんの「日本画展」が終了した。みどり会は相模原市あじさい大学美術科を2003年度卒業生を中心に結成されたようである。日本画、水墨画、墨彩画、パステル画等の自分に合った絵に取り組んでいるとのこと。展示の日本画は風景、花などを中心に50点近くが壁面に展示されている。どれも素晴らしい作品でこのような絵を描けるとは絵の才能ゼロの相模太夫としては羨ましい限りである。(1710)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度 座間市民芸術祭「絵画展」を観賞して!!

2017-10-20 13:15:42 | 絵画展
台風接近中、冬なみの気温に身を縮め寒い秋を感じながらも、秋も深まる中、芸術の秋到来!恒例の「平成29年度座間市民芸術祭」が9月末の「山野草展」からスタートし、「謡曲発表会」、「いけばな展」、「吟道大会」、「さつき盆栽展」、「文芸展」、「民踊・銭太鼓発表会」が終了し、今月19日から「絵画展」が開催されてる。ハーモニーホール座間一階「ギャラリー」の二会場に水彩画32点(風景、人物、花)、油絵12点(風景、人物、船など)、アクリル一点、日本画4点、墨画1点が展示されていた。会場一角には園児絵画展も同時に展示中である。どの作品も力作ぞろいで絵にいそしむ姿、趣味力の高さに心打たれた。(1710)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第7回 座間アートの今展」今日から始まる!!

2017-07-12 12:10:53 | 絵画展
本日(7/12)から7/17までの6日間「ハーモニーホール座間(市民文化会館)」一階「ギャラリー」において「第7回 座間・アートの今展」(7th zamartの今)が開かれている。このアート展は平成22年に座間市の呼びかけで美術系アーティストの交流団体「アーティストファイル」を設立、立ち上げられ、以降毎年開催している登録作家達による作品(美術)展である。第7回となる今回のテーマは「自由・創造・挑戦」で座間市アーティストファイルの登録者38人による洋画、日本画、墨彩画、墨絵、版画、コラージュ、染織、陶芸、木彫りなどの作品がギャラリーに展示されている。力作ぞろいで中には100号の大作が数点あり見応えがあった。(1707)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「平成28年度座間市民芸術祭」の「絵画展」を鑑賞して!!

2016-09-30 13:43:14 | 絵画展
やっと秋らしくなり、ここ座間市では恒例の「平成28年度座間市民芸術祭」が9/17から始まり「市民音楽祭」と「山野草展」は終了。。その中の一つ9/29から「絵画展」(10/2まで)がハーモニーホール座間一階ギャラリーにおいて開催されている。2部屋に油絵が20点、水彩が31点、パステル、墨絵、デッサン、山水画、日本画各1点全部で60点近く展示されている。風景、人物、寺院などが画題で構図と言い色使い、繊細なタッチで描写され力作ばかりである。またもう一部屋では「工芸・生活美術展」も行われている。この芸術祭は11月末まで「いけばな展」、「吟道大会」、「さつき盆栽展」、「謡曲発表会」、「囲碁大会三曲発表会」、「民踊・銭太鼓発表会」、「菊花展」、「文芸展」、「座間の歴史展」、「茶会」、「入谷歌舞伎公演」、「将棋大会」、「民謡大会」、「書道展」、「市民音楽祭 」、「写真展」が順次開催される。(1609)













工芸・生活美術展


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第6回 座間・アートの今」展を見て!!

2016-07-17 14:44:02 | 絵画展
7/16から7/18までハーモニーホール座間において「第6回 座間・アートの今」展が開催されている。このアート展は2010年に始まりアーティスト登録者も38名となり、座間の芸術文化の発展に尽くしたいという熱き思いを描いた力作が33点も集結し展示されている。今回のテーマは「座間の自然と人間」と「テーマ自由」にカテゴリーされている。技法は油彩、水彩、日本画(墨絵風)、陶芸、版画、染物、コラージュとさまざまである。中には100号の作品が4点もあり、これだけ大きい作品を仕上げるのに費やした時間と労力は想像を超越している。どれも素晴らしい作品ばかりであった。既に来年のアート展に向けアーティスト各位は作品に取り掛かっているに違いない。楽しみである。(1607)














コメント
この記事をはてなブックマークに追加