相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

「相模原市 第37回 民俗芸能大会」開かる!!

2017-03-05 17:26:37 | 芸能大会
本日(3/5)午後一時から「アジサイ会館ホール」において相模原の市内/市域に伝わる今や希少の「獅子舞」などの民俗芸能や「仕事唄」を発表する「第37回 民俗芸能大会」が開催された。会場は大勢の観客で満席であった。副市長の挨拶、来賓の挨拶の後、相模原市民俗芸能保存協会所属の民俗芸能保存団体等が一堂に貴重な民俗芸能が披露された。トップは番田神代神楽保存会の「神大神楽」、2番目は大沼土窯搗き唄保存会が「炭焼き窯を作る時の仕事唄」、3番目は田名八幡宮獅子舞保存会による「田名八幡宮の獅子舞」、4番目は藤野歌舞伎保存会による「子ども白波五人男」、次は上溝ぼうち唄保存会で昔ながらの農具の棒の先に板を取り付けまわしながら稲とか麦の殻を取る作業するときの「ぼうち唄」、次は招待団体の麻溝ごぼう音頭保存会による「麻溝ごぼう音頭」が披露された。時間の関係で見れなかったが大島諏訪明神獅子舞保存会、新田名音頭保存会、招待団体の桜風エイサー琉球風車がプログラムされていた。どの民俗芸能も素朴で味わい深いものがある。近年後継者が少なくなっており深刻な問題となっているがなんとか保存に繋げてもらいたいものである。(1703)










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伝えていきたい農村芸能「第36相模原市民俗芸能大会」開かる!!

2016-02-28 18:09:47 | 芸能大会
相模原にも市内市域に伝わる民俗芸能、相模原市民俗芸能保存協会所属の「ぼうち唄保存会」、「大島諏訪明神獅子舞保存会」、「大沼土窯搗き唄保存会」、「長徳寺盆踊保存会」、「下九沢御嶽神社獅子舞保存会」、「新田名音頭保存会」の6団体と、今年招待の「与瀬祭礼芸能保存会」、「三増獅子舞保存会」、「踊和会」(アトラクション:ヒップホップ)3団体が出演の「第36相模原市民俗芸能大会」が本日28日午後1時から開催された。会場は大勢の観客でいっぱいである。市長代理の挨拶、来賓のあいさつの後、市域の民俗芸能保存団体等が一堂に貴重な民俗芸能が披露された。トップバッターは「ぼうち唄保存会」で昔ながらの農具のようで棒の先に板を取り付けまわしながら稲とか麦の殻を取る作業、次に「与瀬祭礼芸能保存会」が神代神楽を、「大島諏訪明神獅子舞保存会」が獅子舞、「大沼土窯搗き唄保存会」が炭焼き窯を作る時の仕事唄、「長徳寺盆踊保存会」が昭和初期の地域住民を励ます踊りが演じられた。今日4時30分まで行われたが、どれもほんとに素朴で味わい深い民俗芸能である。継承者少なくなっているというが、なんとか保存に繋げてもらいたいものである。(1602)
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふるさとの心に触れる「第35回相模原市民俗芸能大会」

2015-02-15 21:59:43 | 芸能大会
相模原にも市内市域に伝わる民俗芸能がいくつもあり、現在、相模原市民俗芸能保存協会に10団体(番田神代神楽保存会、下九沢御嶽神社獅子舞保存会、大島諏訪明神獅子舞保存会、田名八幡宮獅子舞保存会、ぼうち唄保存会、大沼土窯搗き唄保存会、新田名音頭保存会、長徳寺盆踊保存会、藤野歌舞伎保存会、上溝シャンソン保存会)が登録している。本日25日午後1時からその内8団体の出演による「第35回相模原市民俗芸能大会」(相模原市教育委員会の主催)が開催された。大会の趣旨は「市内に息づく伝統芸能が一堂に会するこの機会に、ふるさとの心に触れてみませんか」である。出演団体は番田神代神楽保存会、相模湖本陣太鼓弁天会、大沼土窯搗き唄保存会、田名八幡宮獅子舞保存会、踊和会、上溝シャンソン保存会、下九沢御嶽神社獅子舞保存会、新田名音頭保存会であった。日頃は地域の祭り、新年、依頼イベントでの活動が主のようでこうしてまとめて観覧できるとは。どれも歴史ある民俗芸能で素晴らしく今後も継承してほしいと願うばかりである。(1502)


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加