相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

町田相原「清水寺」前に紅白の梅林

2017-02-27 21:35:18 | 梅・梅林
町田市相原(町田街道沿い)にある「清水寺」を訪れると道路を挟んで100本以上はありそうな「梅園」がある。恐らく農家(個人)の持ち主思われる。近寄ってみるとほのかに甘い梅の香を漂わせて見ごろを迎えていた。見渡してみるとすべて樹高を2メートルくらいに整えてあり、もしかしたら梅を収穫しやすいようにした処置かも知れない。あと数日は梅花を鑑賞できそうである。(1702)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の中の紅梅も寒そうである!!

2017-02-11 21:43:04 | 梅・梅林
昨夕から降り出した「」、今日起きてみると今年初の一面雪景色である。最も多い積雪を記録している山陰地方、東北の深刻さに比したら数センチの雪は可愛らしいものかもしれない。この程度で震え上がっていたら申し訳ないくらいである。午後キャンプ座間と近くの公園に行ってみると天気も良くなり太陽が顔をのぞかせ陽当たりのいいところはあっという間に溶け消えてしまっていた。日陰ではまだ少し雪が残っている。そのそばでは見ごろを迎えた「紅梅」が日差しを浴び太陽に向かって花びらを広げ周りは梅の香りが充満していた。(1702)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かにが沢公園の「紅白の梅」完成形に近づく!!

2016-02-29 10:12:40 | 梅・梅林
座間八景の一つ「かにが沢公園」の一角「子供の広場」に「紅梅」、「白梅」、「枝垂れ梅」が合せて30本近く、また前方の土手にもピンクの枝垂れ梅が5本植えられている。先月末より一ヶ月「追撮」し続けた「かにが沢公園の梅」もやっと満開近くなって完成形に近づいてきた。一週間前訪れた時まだ枝垂れ梅は数輪が開花しているだけであったが今日はほぼ満開近くとなり見ごろを迎えていた。今週中ころから気温もぐっと上昇の春おとずれの予報、また蕾のものも今週中には全て開花するに違いない。今一度完成形を撮らねばならない。この満開期が過ぎればもう終焉となる・・・。寂しい気もするが一ヶ月楽しませてくれたことに感謝!!である。(1602)
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「瑞石山清水寺」の枝垂れ梅が美しい!!

2016-02-26 16:46:42 | 梅・梅林
町田市相原町字坂下に臨済宗寺院で京都妙山寺末の「瑞石山清水寺」はある。地名から「坂下観音」と呼ばれている。創建は1624年(寛永元年)。本尊は正観世音菩薩。当寺は武相卯歳観音霊場27番札所であることから観世音菩薩の赤い旗が参道に立ち並んでいる。入口には巨大な地蔵菩薩の石像があり、右手に一際新しい客殿の「円通殿」がある。堂前には小規模ながら枯山水を思わせる手入れの行き届いた庭園がある。扁額の前に観音像が建てられている。その左横に「ピンクの枝垂れ梅」が本当に枝垂れるように満開となっている。通常梅の木は剪定され低木のイメージがあるが、5m以上の樹高があり、無数の枝が枝垂れている。一枝一枝も長く、びっしり花びらで装っている。中には地面に届きそうなくらい枝垂れているのもある。これまで見た中でもトップに値する美しい枝垂れ梅である。(1602)














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「相模原北公園」の紅白梅が春の輝き魅せる!!

2016-02-19 16:33:45 | 梅・梅林
相模原緑区下九沢に平成3年に開園した「相模原北公園」に「梅園」がある。ここには100種類約100本の紅白、枝垂れの梅木が植栽されている。今月初めに訪れた時はまだ全体的に蕾のもの多く咲き始めの段階で、まだ2分から3分咲きくらいであった。数本だけ早咲きの品種の紅白の梅が満開となっていた。枝垂梅などは蕾がやっと膨らみかけていたが、先日の20度を超える陽気に「今だ!!」と一気に開花し見ごろとなった。梅のほのかな甘酸っぱい香りが充満する園内では春を待ちわびた数名のカメラマンと梅撮に興じた。百花に先駆け咲く梅の花は、春の訪れを感じさせてくれる季節の道先案内人である。(1602)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加