広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本当の自分を見せることがさらに怖くなる。

2017-07-27 10:30:55 | 日記

顔の変形やアザなど「見た目」に症状を持つ9人へのインタビューをまとめた「顔ニモマケズ」(文響社)の著者、水野敬也さん(40)らが21日夜、大阪市中央区でトークショーを開き、読者ら約100人を前に本の誕生秘話などを披露した。【近松仁太郎】
水野さんは、「夢をかなえるゾウ」などの著作で知られる人気作家。「見た目問題」の解消を目指すNPO法人「マイフェイス・マイスタイル」(東京都)の外川浩子代表(50)の協力で、顔ニモマケズを作り上げた。
http://lets-robot.com/userinfo.php?uid=8816 http://www.ft86-life.com/userinfo.php?uid=536トークショーで、外川さんは「深刻な問題と共に生きる当事者の姿を伝えたかった」と本を紹介。水野さんは「取材で話を聴く度に涙した。自分自身も影響を受け、変化させられた」と語った。
また、本に登場する当事者の1人で、生まれつき難病の「動静脈奇形」で顔が変形している河除静香さん(42)が、自作の一人芝居を披露。見た目のために女優の夢や恋愛を諦めようとする主人公の葛藤を熱演した。会場で涙した人もいる中、河除さんは「マスクで顔を隠せば安心する一方、本当の自分を見せることがさらに怖くなる。葛藤の毎日だが、本の感想をたくさんもらい、勇気付けられた」と笑顔を見せた。

http://vururu.jp/profile/14738/ https://workshift-sol.com/users/view/105049

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | これはね、名誉棄損で訴えた... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。