品川美容室

品川で評判の美容室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

品川美容室 美容室、癒やしのジオラマ 来月から店内で展示会 山梨

2011-10-26 13:21:14 | 品川美容室
情景模型(ジオラマ)をインテリアとして展示している美容室が韮崎市にある。和風や洋風、春夏秋冬のさまざまな情景を150分の1というコンパクトなサイズで表現し、愛らしさやユニークさが来店客の評判になっている。「秋のお寺」「鉄道のある教会ウエディング」など現在24作品を展示中で、10月からは店内で情景模型展を開催する予定だ。

 作品はすべて、美容室「FLOR(フロル)」(韮崎市龍岡町下條東割)を経営する浅川朋也さん(38)が仕事の合間や早朝に、美容室の一角に設けた作業場で創作した。「『こんな所があったら』という理想の風景を作っています。美容師は手先が器用だから(作れる)といわれますが、それだけではない。色合いや想像の空間を生み出すアイデアが必要です」と浅川さん。ヘアスタイルを手掛けるのと同じで、美的センスが問われるという。

 3年前、雑誌で紹介されていた鉄道模型をきっかけに「オリジナルなものを作りたい。インテリアとして店にも置いてみたい」と創作を始めた。小さい作品で数日、幅50×奥行き35センチ程度の大きい作品は創作に半年かかる。縮尺の正確さと、季節感にとくに気を配るという。「色合いが素晴らしい」「かわいらしい」と来店客にも好評だ。

 情景模型展は10月19日~11月3日に開催、販売も行う。10月24、31日と11月1日は休み。入場無料。問い合わせは(電)0551・22・1214

銀座美容室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

品川美容室 夏バテ防止だけではない、意外な効果も -- 節電の夏、「冷やしごはん」ブームの兆し

2011-07-05 16:08:51 | 品川美容室
今年の夏は"節電"が求められ、"暑い夏"になると予想されている。節電・暑さ対策として、「衣」の分野ではスーパークールビズ、「住」の分野ではグリーンカーテンや打ち水など、熱いカラダを外から冷やすための取り組みが早くも各所で始まっている。「食」の分野では、カラダを内からクールダウンさせる冷涼メニューが、外食店から登場している。トレンダーズが6月20日に発表したレポートによると、特に2011年夏のトレンドとして、冷やしリゾットや冷やし茶漬け、冷やしカツ丼など、「冷やしごはん(冷たい米飯)」を使った料理が続々と登場しており、ブームの兆しを見せているという
中目黒の隠れ家居酒屋「まんちゃ」は、自慢の日替わりだし汁のいなり茶漬け

目黒川沿いの隠れ家的居酒屋「まんちゃ」で好評を博している「冷やしごはん」は、自慢のだし汁でいただくシメの一品「冷やしいなりだし茶漬け」。冷えたごはんに鮭のほぐし身としば漬け、白ごまを混ぜ合わせたものを、横浜の石川豆腐店から仕入れている油揚げにつめた「おいなりさん」に、愛媛県宇和海から届いた新鮮な地魚からとっただし汁をかけて食べるというメニュー。オーナー水口昌哉さんは「今年はスーパークールビズなので、体の中から少しでも涼しくなってもらえたら」と語る。

■地産地消の畑レストラン「N_1155」ならではの、野菜たっぷりの冷やしサラダリゾット

同じく中目黒にある、イタリアン「ナチュラルレストランN_1155」では、「旬野菜の冷製サラダリゾット」が人気。シェフの熊谷聡さんによると、「美容と健康に関心の高い女性のために考えたレシピ」で、おいしさ、見た目、ヘルシーさの三拍子がそろったひと皿。赤と黄のパプリカ、かぼちゃ、ズッキーニ、ナス、枝豆、トマトをアンチョビベースのピリ辛スープに合わせ、冷やした玄米ごはんにのせて食べる一品だ。野菜たっぷりでカロリーが低くおさえられ、玄米ごはんで栄養バランスも良い。健康と涼しさを実感できる、ビューティー&ヘルシーな「冷やしごはん」だ。

この他にも、六本木の「旬味 井筒」では "まかない"から生まれた「冷やしたぬき茶漬け」をこの夏限定で提供したりと、多くの飲食店でオリジナルの「冷やしごはん」メニューが登場している。

このように人気の「冷やしごはん」だが、医学博士で管理栄養士の本多京子氏によると、「冷やしごはん」には、おいしさ以外に「レジスタントスターチ」という成分の意外な効果があるという。

■ごはんが冷めるときに作られる「レジスタントスターチ」

「温かいごはんが冷めていくときに、ごはんの中に『レジスタントスターチ』という成分が作られます」と、本多氏。この「レジスタントスターチ」は、近年発見された成分で、米や豆などデンプンが入った食物が、加熱してから冷めるときにできるもので、再度加熱すると元に戻り、なくなってしまうものだそうだ。デンプンと聞くと、太りそうなイメージがあるが、実は「レジスタントスターチ」は太るどころか、ダイエットやメタボリックシンドロームにも効果があるのでは、と期待されている成分なのだという。

冷えてしまったごはんを温めずに使うことは節電にもなり、また、具材をひと工夫すれば夏バテ防止にも効果的。本多氏は、家庭でも手軽に作れる「冷やしごはん」レシピとして、豆腐とオクラを使った「冷やし茶漬け」や、さっと水洗いしたごはんに豚しゃぶやゴーヤをのせ、だし汁をかけて食べる「冷や汁ごはん」などを薦めている。

今年の夏は、おいしくヘルシーでダイエットにも期待できる「冷やしごはん」が飲食店や家庭でのトレンドとなりそうだ

会津若松美容室シンジュラー

日光宿泊

会津若松美容室

仙川美容室

銀座美容室

補正下着

補正下着

補正下着格安

補正下着激安
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

品川美容室 売れ行き好調「犬用歯磨き“手袋”」歯周病防止へ、犬も「歯が命」

2011-04-20 12:57:56 | 品川美容室
 口腔(こうくう)衛生用品を中心とした日用雑貨品製造、販売の「マインドアップ」(山村敏社長、甲府市中村町)が、親指と人さし指の2本で犬や猫の歯磨きができる「ゆび歯ぶらし」を販売し好評だ。歯ブラシで磨かれるのを嫌がる動物は少なくなく、ガーゼを指に巻いて歯磨きをするなど、苦労の絶えない飼い主のために、2本の指だけを包み込む“手袋”を開発した。

 親指と人さし指の腹で歯と歯ぐき、その境目を丁寧にこすることで、一本一本を挟み込む感覚で表、裏の両面を同時に磨ける。材質は全体が綿とナイロン製、手首に近い部分は伸縮するようポリウレタンのゴムになっている。

 ペットとして飼育されている3歳以上の犬の約8割が歯周病といわれる中で、「1歳までに歯磨き習慣をつけ、歯に無頓着なペット愛好家にならないでほしい」と、同社は5年前から、「犬口(けんこう)ケア」シリーズとして、複雑な犬の歯の形に合わせた歯ブラシやクリーナーなどを製品化している。

 今回のゆび歯ぶらしも「もっと歯磨きしやすい方法はないか」と開発されたという。

 栄養価の高いドッグフードで歯への負担が大きくなり、犬の高齢化も進行。健康維持に対する歯の大切さは人間と変わらないといい、同社常務の山村智直さんは「まず歯磨き習慣をつけ、歯間の磨きを歯ブラシと徐々に併用していくなど、愛犬の健康維持に気を使ってほしい」と話している。

 右手、左手のどちらでも使用できる。猫用ゆび歯ぶらしも同時発売する。犬用、猫用とも希望小売価格は525円(税込み
コメント
この記事をはてなブックマークに追加