家族で京都・大阪へ♫

 先週、二泊三日で、京都と大阪へ旅行しました。

 妻と私と3歳の娘の三人で、車で行ってきました。


 

 まずは鉄板、清水寺から。

 平日の昼間だというのに、凄い人出でした。さすが清水寺。

 

 我々は八坂の塔へと続く八坂通りから登っていきました。

 あぁ、やっぱ京都最高♫

 三年坂とか二年坂とか、「京都に来た!!」という気持ちになり、昂ってくる。

 他にも行くべき場所はあるだろうけど、何だかんだでここに来てしまう。





 次はここ。



 二条城です。

 かなり小さい頃に一度来たような気がする。

 でも、歴史を勉強し、この城の歴史的意義を知ってしまった今、ここに来ないわけにはいかない。

 娘はここに到着すると同時に寝てしまったが、まぁいい、後の楽しみに取っておくがいいw。

 ここの重みを知ってからまた来ればいい。





 徳川将軍の京都での住まいだったという事実以上に、私にとって、ここで慶喜公が「大政奉還」を行ったという事実のほうが重い。

 公務員試験の勉強の際に出てきた狩野一派の障壁画も感慨深いものがあった。

 庭園をグルッと一周し、重みを噛みしめつつ、物思いに耽った。

 
 


 京都で泊まる際は、町屋を改装した一軒家に泊まることにしました。

 「さと居」という宿で、まだ新築で清潔で最高でした。

 誰にも会うことなくチェックインとチェックアウトが出来る。

 風呂は半露天風呂で、テレビは1階と2階の両方にあり、アメニティもほとんど揃っていて、最高の宿でした。





 二日目は嵐山へ行ってトロッコ列車に乗り保津川舟下りをしました。

 

 
 トロッコ列車のリッチ号に乗ったのですが、窓がないため風に当たって気持ちよかった。

 帰りは舟に乗って川を下るのですが、ここでアクシデント発生!

 いや、転覆したとかそういうのじゃなくて、妻が足の小指を骨折w。

 立とうとしたら、足が痺れていて、バランスを崩したらしい。





 大阪に向かう前に、骨折院に寄るというタイムロスが生じたが、それもまた旅なのかなと。

 大阪では道頓堀にあるホテルに宿泊。外国人が多いホテルでした。

 道頓堀にある「薩摩っこ」というラーメン屋で食事。美味しかった。中国人のアルバイトの人がシフトの話をしていて微笑ましかった。

 グリコの看板を見て、娘はビックリしていたようです。じっと「何これ?」といった様子で見ていました。



 

 翌日、娘が行きたいというプリキュアストアのある「あべのキューズモール」へ。

 そこでぬり絵とかタオルとかを買って、しばらくゆっくり。

 ワンピースのお店もありました。好きな人にはたまらないんじゃないかな?






 行きと帰りで何かが違っているとすれば、妻の右足の小指が折れていることですかねw。

 固定できないから完治2週間らしい。

 早くくっつくといいね。





 

 




 
  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 娘とタワレコ... 娘とHMVで... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL