38歳からの百姓志願~実践編。

霊峰・石鎚を仰ぎ、瀬戸内の陽光を望む愛媛県西条市、「有機菜園 藤田家族」無農薬・無化学肥料の野菜と暮らし。

梅雨空、もしや束の間か。

2017年06月28日 | 農と暮らしの日記
月曜の我が家の晩ごはんは、久しぶりのピザ。
というのは、初めて栽培した強力小麦「ゆめかおり」の全粒粉が仕上がったので、試食を兼ねて。
畑のズッキーニ、ようやく採れ始めたピーマンも薄く切って。

たぶんこれ、ほかの小麦粉と混ぜているのだと思いますが。
作ったのが薫なので、また聞いておきます。全粒粉の香りと食感を、ぜひみなさまも。



この強力粉をイタリアンのお店で使ってくださっています。
西条市内のオステリア・アリエッタさん。
パスタもおいしそうですが、きのこ、肉、魚とほかの食材がたまりません。

こういうお店に出かけられる幸せと。
こういうお店で使っていただける幸せと。

それぞれの幸せがあると思うことにします。
んー、だけど、やっぱりおいしそうだ。



また1週間がたった。
この1週間は典型的な梅雨空。とくに先週末からきょう水曜まではよく降った。

平日は出荷と、小麦の選別やら夏の果菜の整枝やら。
土曜はゆうき生協の総代会、夜は消防の送別会。

きのう火曜は、飯岡小学校と双葉幼稚園のさつま芋植え付けを飯盛会でお手伝い。
うちの最後のさつま芋(紫芋)も、きょう苗が入ったのですぐに植えた。



キャベツが少しあまりそうだったので、ゆうき生協にお願いして出荷させてもらった。
通常の生産者さん(グループ)が先週で終わったけれど、組合員の注文は来ていたということで。

だけれど、結局、月曜に全数、火曜は注文の半分ほどでうちも終了。
畑にはある程度の数があったのだけど、収穫して傷んだ外葉をむいたりしていると歩留まりが悪く。
2個組みで、しかも規格以下の目方にしても足りなくなった。

先週で終わりにした生産者さんと、畑の状態は同じだったのかもしれない。
そこで見切りをつけて次に移るか、名残を惜しんでほうぼうにお手間をかけてしまうか。
使いにくいキャベツにおつきあいくださった皆様、ありがとうございました。



阪神の秋山投手はきのう4敗目(6勝)、チームは5連敗。
6回を投げて4安打2失点、四死球0はかなり立派な数字だと思うけど、やはり勝負は勝負。

そういえば、藤井四段の新記録29連勝目もネット中継でたまたま見た。
21時頃から最後の30分ほど。スポーツと違って体の動きが少ないぶん、かえってスポーツらしいというか、なんだか全身から発せられるエネルギーというか、中でたぎっているものの感じがプレイ(指し手)とは切り離されて見えて、おそろしく臨場感がある。
別室の解説もおもしろいですね。



予報ではあす木曜か金曜まで曇りがち。
その後は週末から来週にかけて晴天が続き、まさかの35℃前後の予報が出ている。もしかすると梅雨明けかという情報も。ここで夏になれば、7,8,9月とまる3カ月の雨なしという可能性も、こわいけれど、頭に入れておかないといけない。
いずれにしても、皆様どうぞお気をつけください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/24(土)星と海と旅するカヌ... | トップ | 台風、14年ぶり愛媛上陸。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む