英検準2級攻略講座

英語検定準2級を目指す中高生に効率よく問題を解く技術を伝授します

進研模試英語楽勝4191

2017-04-19 13:20:24 | 語学




それでは28年度の本試験の第5番「物語文」を攻略してみましょう。何と言っても感情を表す語句キーワードになりますから超注意ですね。

(42)は「ストーリーの初めにアンクルジョンは何したか?」が設問ですね。ここは丁寧に消去法で確実に間違いを消していきましょう。3行目に正解となるヒントがあありますね。大学を卒業したばかりの僕に「スペシャルディナーを作ってくれる」と言う状況です。ですから選択肢は②で正解ですね。トレーニングをしているわけではありません。またレシピを向上させているわけでもありません。
(43)は「ジョンの父親が街で働き始めた理由は何だったか?」が設問ですね。ヒントになりそうな場所を早く探す受験生が有利になります。4行目に「 But」があります。そしてここから生活苦が始まる様子が描かれているんですね。ですから正解は見えたようなものです。③ですね。「生活費がもっと必要になった」と言う部分です。本文中では「bills」がキーワードでしたね。
(44)は「どうして親や先生が彼を心配し始めたか?」と言う設問ですね。そのヒントは1行上に描かれていますよね。ショッピンモールをぶらぶらしたり授業を抜け出したりしたからですね。①「家でゆっくりしたかった」②「勉強に対する興味を失った」③「父親を避けることをやめた」④「もはや機嫌の良い人ではなかった」の中から②が正解ですよね。ヒントは早く見つけたいですよね。
(45)は「アンクルジョンの人生を全く変えたものはなのだったのか?」が設問ですよね。ここは最終段落まで読んで消去法は使わないのではないかとかん替えます。ここまでやってこれたのはいわゆる「親子愛」な訳ですね。①の「友人」は関係ないですね。②「コンテストへの参加」③「料理を通じて繋がった親と子供」④「キッチンでマイクと話をする」から一番重たいものを選ぶと3になりますね。センター試験の醍醐味なんです。ここで非常識な選択肢は絶対に持ってこないんです。極端に言えば「人間は1人では行けていけない動物で必ず誰かの助けを必要とする」と言う壮大なテーマが流れているんですね。大事にして欲しいですね。
(46)は「アンクルトムが最も報われたと考えたことは何か?」ですね。①「有名人のための独特な」はテーマとずれますね。②「近くにいる人たちとの有意義な人間関係」が大正解ですね。③「テレビに料理番組で視聴者を楽しませること」④「レストランで美味しい料理を出すこと」の中から②ですね。

第5番は試験を受ける受験生にも問題を作成する側にも採点をする側にも大きな意味を持ちます。それは「近くにいる有意義な関係を大切にする」と言うことであったりします。ここから学ばなくてはいけないことが実がたくさんあるんですね。だからセンターテストが好きなんです。


ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英検2級楽勝4191 | トップ | 英検2級楽勝4192 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。