英検準2級攻略講座

英語検定準2級を目指す中高生に効率よく問題を解く技術を伝授します

進研模試必勝4180

2017-04-18 09:29:22 | 語学




それでは28年度の本試験の意見主張の問題を解いていみましょう。テーマは「異文化理解」ということでグローバル化に伴って広まってきた単語ですね。テーマはすでに明確になので司会者を読む必要はありません。生徒1から読んでいきましょう。「I think」から読んでも良いです。

(32)は「異文化コミュニケーションが役立つ理由は何か?」という設問ですね。ここは消去法で解いてみましょう。①「外国語を勉強しようとする意欲が湧く」は書いてないですね。②「ある生活スタイルは別の生活スタイよりも正しい」という失礼な比較はよくありませんね。③「異文化コミュニケーションに出会うケースは過去にももっとたくさんあった」と過去の話になるとテーマから外れますね。よってここは消去法で④を正解とします。結局は異文化を持つ人々との誤解をうまく対処できるかどうかが重要なんですよね。
(33)は「生徒2の発言のまとめは何か?」という設問ですね。ここもテーマが抽象的なので本文に書かれていない選択肢を消していくのが正確かもしれませんね。①は「同じ考え方を持つことは重要だ」は本文の反対ですね。②「同じ文化圏に生活する人は普通は他人とは異なって行動する」は完全に真反対ですね。同じ文化圏に住むと行動形態は同一化されてきますからね。選択肢③は完全に真反対の計算式を当てはめる問題ですね。④「行動形態を共有することは文化圏の一因となることが可能となる」は本文の真反対ですね。④「行動率は行動形態で左右されるからである。は④に当てはまります。一般常識として文化圏に存在する文化形態は一致します。ここは例外がないので④を正解とします。③は「food」だけを取り出すと部分的になりますよね。
(34)は「生徒3の意見のまとめ」ですね。ここも消去法で解いてみましょう。まとめ問題は常識から外れると正解になりやすくなります。④「サブカルチャーの文化圏の住む人間は減るべきだ」という失礼なことは常識から外れますよね。②「他人と異なる行動をとることは集団の一員としては許されない」となると「言い過ぎ」で正解になりにくいですね。①「文化とは1つの大きな集団を構成する様々な集団を含んでいる」となると小さは集団が無視されることになるので常識から外れてきますね。よってここは消去法で③を正解とします。

28年度の意見主張の内容一致は3人の考え方の違いに戻っていました。この傾向はずっと継続されると考えられます。そしてここは配点が6点ですので落とすと痛いです。まずはここの問題から処理していくのも1手段かもしれませんね。


ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進研模試楽勝4178 | トップ | 英検2級必勝4182 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。