英検準2級攻略講座

英語検定準2級を目指す中高生に効率よく問題を解く技術を伝授します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全統模試対策英語4056

2017-04-05 23:53:16 | 語学




それでは引き続いてグラフ問題に取り組んでみましょう。この問題はまずはグラフの内容を理解することからスタートします。折れ線グラフを読み取ります。旅行者の数は減少しています。旅行時間は最終的には一番大きな数値となっています。旅行の距離はその真ん中の折れ線ですね。ここを読み取って設問の(35)をみてみましょう。

(35)は消去法を使って解くことになります。選択肢①「旅行の数は常に減っている」は間違いですね。アップダウンがありますからね。選択肢②「旅行時間と旅行者の数は並行している」は間違いですね。反比例していると考えられます。選択肢③「旅行の距離は鋭く減少している」は間違いですね。あまり変化していませんからね。選択肢④「2007年に旅行時間と旅行距離は突然に増加している」は正解ですね。折れ線グラフの2007年のところを見れば一目瞭然ですね。
(36)の選択肢①「公共交通機関の普及で買い物旅行が減った」は本文に書かれていませんね。選択肢②「always」が含まれると正解にはなりにくいんですね。ですが③あるいは④が悪すぎる場合は②でも正解にはなり得るのですね。選択肢③は「frequently」「頻繁に」が間違いだと考えます。選択肢④は「walking」も減少傾向にあるとありますので間違いになりますね。ここは仕方なく②を正解にする問題だと考えます。
(37)の選択肢①「旅行は以前よりも便利になった」は本文の反対ですね。選択肢②「以前よりも旅行が増えた」も本文の反対ですね。選択肢③「各家庭における車の所有」については論外だと考えます。よってここは消去法で④を正解にしたいですね。
(38)はいつもながら難題ですね。「最終段落の続く英文は何か?」という設問です。ここは最終段落の最後を丁寧に理解する必要があります。「買い物をする機会が減ったのは社会の変化が理由である。」に続く英文としてはその理由の具体的な内容ですね。選択肢①の「2002年と2004年とを比較する」は「社会の変化の理由」とは無関係ですね。選択肢②は「business」だけを取り出すと部分的になってしまいますね。選択肢④も「公共交通機関」だけを取り出すと部分的になってきますね。ここは消去法で③を正解にしてよろしいかと考えます。

英語長文問題消去法⑨点セット
①「本文に書いてない」→「単語が変化して本文に書いてある場合は正解となる」
②「常識で考えておかしい」→「常識的に正しい場合は正解になりやすい」
③「本文中の単語が並んでいて正解に見える」→「本文にない単語があって不正解に見える」
④「不要な比較があって失礼にあたる」→「本文に比較がなく選択肢にも比較がない」
⑤「余分な語があって選択肢が長すぎる」→「困った場合は2番目に長いものを選びたい」
⑥「段落の内容がプラスなのに選択肢がマイナスである」→「反対も同様に考える」
⑦「最後の問題は人生観や解決策をまとめてくる」→「具体例を選ぶと不正解になる」
⑧「選択肢の中に多義語があると正解になりやすい」→「challenge」「interest」「last」など
⑨「言い過ぎ」→「only」「never」「always」「the best」「complete」「absolute」など


ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全統模試対策英語4055 | トップ | 全統模試対策英語4057 »

コメントを投稿

語学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。