英検準2級攻略講座

英語検定準2級を目指す中高生に効率よく問題を解く技術を伝授します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全統模試対策英語4057

2017-04-05 23:54:02 | 語学




それでは26年度追試の最後の問題となります。発音アクセントについてはこの時期からこだわる必要はあまりないので飛ばして取り組もうと考えています。それでは宣伝広告の内容読解について解いてみます。

(39)は意外に単純計算でなんとかできます。「ブギーボードは2時間で5ドル」「カヤックは2人乗りで10ドル」「シュノーケリングは完全セットで10ドル」を足し算で「25ドル」ですから正解は②でよろしいかと思います。この問題は数字の計算問題から対処していきましょう。その場合に表の中の数字の意味が理解できないといけませんね。ですが意外に単純な計算が多いんですね。
(40)は「そのホテルに滞在する人は何ができますか?」という設問ですね。④の「any」は「言い過ぎ」で消したいですね。③の「in advance」は必要がないと前半に書いてありますから間違いですね。②は「予約はフロントで」という記述はありません。Eメールでのネット予約が基本のようですね。それで消去法を使って①を正解にしたいと考えます。
(41)も消去法で解いてみましょう。②の「子供はプールからも離れるべきだ」は本文と矛盾しますね。プールでは監視がありますから安全ですね。③の「ライフガード」は海もプールも両方で貸し出し話されていませんね、よってこれも本文とは矛盾しますね。④の「部屋のタオルはプールへの持ち込みは禁止」と本文に記述がありますのでこれも正解にはなり得ません。よってここも消去法で①を正解にしましょう。

宣伝広告問題は数字の計算問題から解いていくと全体が理解しやすいですね。これが設問の2で出題されている場合も数字の計算問題から取り組みましょう。ディスカウントがあると少し厄介になります。ですが何回もチャレンジしていけば慣れてきて苦手意識はなくなると考えます。


ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全統模試対策英語4056 | トップ | 国立二次自由英作文対策4061 »

コメントを投稿

語学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。