山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

焼岳ホワイトアウト

2016-10-31 00:25:48 | 山歩き.散歩
鮎のシ-ズンを終えたオ-ちゃんを誘った、雪が来る前に北アルプスの焼岳をやろう!





濃霧のために断念した7月のリベンジでもあるのだけれど、中の湯ル-トは今回もガスガスの中で難儀させられた。
シラビソの葉に纏わりついて飽和した霧が大粒の雨となって降り注ぐ森をずぶぬれになって歩き続けるはめになる。





森林限界を超えるとガスは更に深くなり気温はマイナス1度、更に強風が吹き付けて体感温度は如何ばかりか?





前を行くパ-ティはご高齢の方2人とガイドさん、この辺りで南峰から噴き出す硫黄の匂いが強烈になってくる。





南峰への立ち入りは禁止されているけれど、巻道付近でも噴気孔から幾筋もの硫黄の煙が吹き上げている。





お願いだから今日だけは噴火しないでいてくれと願いつつ噴気孔に近づいて硫黄臭と戯れた。





おとなしい噴気孔でさえ手をかざすと熱い。
噴気孔で茹で卵を作ろうと考えていたのだけれど強風と寒さでそれどころではなかった。





硫黄の噴気孔で遊んでから北峰と南峰の分岐への最後の急登を詰める。





午後1時、濃霧の中で2度ほど道を失ったけれど4時間ほどで北峰頂上に立てた、フリ-スの上から冬用のシェルを着ていても堪らなく寒い!





写真を撮って頂いた3人パ-ティは15分ほどで下山して最後に我ら2人だけが残った。





強風を避けて岩陰で天ぷらそばの準備を始めると、、、、なんと天頂にぽっかりと穴が開いてま~るく青空が覗いたではありませんか!





お~い、オ-ちゃん!
奇跡だよ奇跡、穂高が頭を出してくれたよ~!





なんだよこれ~嘘だろ~、こんなことってあるのかよ~!





展望なんて期待していなかったものを、こんな奇跡の一瞬をプレゼントしてもらえるなんて
たった1分ほどのドラマのお蔭で今日の苦行のすべてが報われたような感動に酔いしれたひと時でございました。





アップでもう一度、いやぁ感動です!





冷たいガスが晴れたときの太陽って、信じられないほど暖かくて優しいんですよ!





奇跡のドラマはほんの一瞬で幕を閉じて四周はまた深い霧に覆われてしまいます。
時々薄い霧を通して陽の光が差したとき、光を背にして頂上の端に立つと谷底に二度三度とブロッケンが現れます。
写真に残そうとカメラを構えると、光がまた厚い霧に遮ぎられて大日如来になった自分の姿は一瞬のうちに消えてしまいます、残念!





午後2時15分、名残惜しいけれど下山です、急斜面を慎重にくだり、、、、





一層深くなったガスの中、道を失わないように慎重に時間をかけて何とか日没前に下山することができました。







いつものひらゆの森、ぬるめの湯にゆっくり浸かって冷え切った体を温めて生気を取り戻してから
飛騨牛のハラミとビ-ルでようやく人心地つくのです、、、、、








翌朝7時半、安房峠道から、しらびその山のずっと奥に、噴煙を吹き上げる晴天の焼岳がはっきり展望できました。





紅葉の見納めにと白骨温泉に向かいます。
山紫水明、大和の美が凝縮されたような渓谷美に惚れ惚れ。





1時間も立たないうちに辺りはまた霧に包まれてしまいました。




また今日も焼岳はドラマを見せてくれるのでしょうか?
晴天の山が一番素晴らしいことは疑いもないことだけれど、でも山はいつだって素晴らしい!

だから山を、やめられないのでしょうねえ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫たちの運動会 | トップ | オムライス »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋の山 (へっぽこ)
2016-10-31 08:45:59
お山の神様から素敵なご褒美があったんですね。
〆も温泉→ビール→お蕎麦と三役揃い踏み‥羨ましゅうございます。

禁漁無気力症候群?も半月が経過し症状もいくらか軽くなってきました。
久しぶりに母を連れて(母に連れられ?)低山ハイクにでも‥なんて考えております。
一瞬だからこそ (兵庫の釣り師)
2016-10-31 17:40:14
焼岳の記事を拝見して思いました。
感動は登山も野球もマラソンも出産もみな同じなんだと。
長く苦しい苦行に耐えて初めて味わえる一瞬の感動、
勝利したほんの瞬間の感動が消えてしみじみと余韻を味わう。
濃霧に苦しめられたからこそ霧が晴れて見られた穂高のすばらしさ、分かるような気がします。

厳しい焼岳のあとの飛騨牛とビール、白骨の紅葉と渓谷美にほっとさせられますね。
奇跡 (相模の釣師)
2016-10-31 18:19:13
しかしながら過酷なトレッキングですね~
しかも素晴しい奇跡の穂高越しの雲海まで現れるなんて
寒さに耐えて登りきったご褒美でしょうね~
一度くらいは有名な山に登りたいな~
Unknown (papachan)
2016-10-31 21:07:22
高崎さん、こんばんは!
ガスであきらめていたところに一瞬の晴れ間と秀峰、まさに「念ずれば花開く」ですね。
本当に山はドラマチックです。
白骨温泉の紅葉も素晴らしいですね。


秋の山 (高崎)
2016-11-01 02:39:25
へっぽこさん

早々にコメント頂きありがとうございます。
早く腑抜け状態から脱出して下さいね。
北アルプスもいいけれど、ゆったりと秋を満喫できる中低山も大好きです。
そんな秋の山をお母さんと一緒に歩けるなんて素敵ですね。
一瞬 (高崎)
2016-11-01 02:44:41
兵庫の釣り師さん

感動の境地、釣り師さんに教えられた思いです。
長い苦行の末の一瞬の喜び、その感動の余韻に浸る心地よさ。

山にもスポ-ツにも人生にも変わらぬ感動があるということ。
北アルプス (高崎)
2016-11-01 02:56:44
み-さがちゃん

北アルプスはええですよ!
南も中央もいいけれど、何といっても陽気で先鋭的な北アルプスが好きだなあ。

今年の9月、奥穂へのメインル-トであるザイテングラ-トで3人の方が立て続けに
滑落死していますが65歳になる来シーズンにまた歩いてみようと計画しています。

白骨温泉 (高崎)
2016-11-01 03:02:35
papachanさん

山をやっていて本当に良かったと思います。
釣りしかやらない人はシーズンが終わると楽しみがなくなるようだけれど
山があれば一年中わくわくしていられる幸せ感がたまりませんね。
papachanさんの美しい山の写真、是非また見せて下さいませ。

白骨温泉でお蕎麦を食べたかったのですが開店前でございました。
霧もまたよし (山親爺)
2016-11-01 04:00:51
 濃霧の中でも山親爺は稜線の彼方等が見える、まったく年を重ねると経験で変な現象で見える、濃霧の中でも素晴らしい光景である、素敵な山行を見せていだきました。
未踏です (西やん)
2016-11-01 12:12:05
すごい幸運に恵まれて最高の気分ですかね。
白骨温泉の紅葉も渓谷美もうっとり見惚れてしまいます。
苦しい山行のあとのこんな風景には本当にほっと癒されますよね。
僕は日本百名山踏破を目指していますが焼岳は未踏です。
僕の場合、休みが少ないのでよほどの悪天でもなければ決行しますが
でもこんな幸運に恵まれたら苦労も吹き飛んでしまいますよね。

月1の連休がとれても費用が掛かるので北海道や九州にはいけません。
百名山を夢で終わらせないためにも高崎さんのように
いつまでも元気で山に登り続けられるように楽しんで行きたいと思います。
これからも人生の先輩として宜しくお願い致します。

コメントを投稿

山歩き.散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL