山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

男たちの夜会

2011-12-12 21:31:44 | 川飯.B級グルメ
夜会とは言ってもここにはドレスで着飾ったレディがいる訳ではありません。
タキシ-ドの紳士がいる訳でもなければワルツを踊れる男など誰一人いる筈もありません。
深々と冷え込む冬の夜、大河原の橋の下に集うのは北丹沢を根城に遊ぶむさくるしい男たちに他なりません。



       




盛大に燃えあがる焚火を囲んで只々呑んで他愛もない話に興ずる、
気心の知れた川原乞食たちの夜会はただそれだけでいいのです。








掘りたての自然薯で仕込んだマグロとろろ、
男たちはこれを楽しみに毎年ここに集うのかもしれません。
伊豆の料理人が仕込んでくれた新鮮なイカの塩辛も絶品そのもの。
これだけで充分に夜会は成立するというのに次から次へと男たちが持ち寄った料理が振る舞われます。


 
 






とろとろの野菜ス-プをすすると冷えきった体は芯まで温まります。
今回最低の出来ばえだった白菜と豚バラのミルフィ-ユ、酔いにまかせて火を通し過ぎたために灰汁が出てしまいました。


 




他愛もない話に興じて笑い転げていると時間はあっという間に過ぎてゆくものなのですね。
午前2時、ひとりふたりと酒にやられて素直に心地よく落ちてゆくのです。







ふらつく足で何度か皆既月食のプロセスを眺めました。
欠けてゆく月がゆらゆら揺れていたためか残念ながら鮮明な写真を撮ることは叶いませんでした。







午前6時すぎ、辺りが少しずつ白み始めてきました。
僕は独り、夜通し薪をくべながら焚火の炎を眺めては
人生に思いを馳せたり瞑想に耽ったりと静かな時を楽しんでおりました。
これこそまさにインテリゲンチャな時の過ごし方というものでございます。







一番先に落ちた熊さんも、山で慣らしたヒロキチさんも、
去年は車に逃げ込んだルア-Kさんと相模の釣師さんも今回は凍える夜を越えることができました。


 
 




川畔のこと、外気温は多分マイナス2~3度でしょうか?







初参加の若いyukkyさんだけが寒さの洗礼を受けて車に逃げ込んでおりました。


 




それにしても皆逞しく成長したものだとつくづく感心するのです。
昨年は耐えきれずに車に逃げ込んでいたというのに凸凹の石ころの上の最悪の野宿を楽しめたのですから。









外敵から守られているような安心感のあるテント泊もいいのですが
解放感あふれる野宿を一度体験したらもう病みつきになってしまうのです。








ヒロキチさんの淹れてくれた熱いコ-ヒ-で朝を迎えた男たちには清々しい顔が蘇っています。

野人の熊さん、今年も大量の薪と自然薯をありがとう、お蔭でぬくぬくうまうまの夜会となりました。
いつも虐めているけれど一緒にいる時間が一番多い熊さんは虐められる役回りでもあるのです!

峪渡りの相模さん、来年こそは約束の南ア源流やりましょうね!
ア-クテリクスKさん、来年は中央アのヤマトを一緒に釣りましょうね!

冬野宿初体験のyukkyさん、来年こそは寒さを心ゆくまで楽しんで下さいね!
デイナデザインヒロキチさん、熱い野菜ス-プにほっこりでした。来年もまた黒部の旅やりましょうね!

ホントにありがとう、ここでこうして集える幸せに心から感謝したいと思います!

来年こそはバイク乗りのボブさん、寄席狂いのGさん、鮎師Oちゃん、流浪の源流師Nさんがここにいてくれることを願っています。
そして、拠り所を失った西丹沢の川原乞食たちのために一日も早い世附復活に寄せてエ-ルを送りたいと思います。





午前8時半、僕は一足先にここを離れました。






向かったのは紅葉がまだ残っているであろう石砂山
山に浸りたかった僕はここから登山道を外れてVル-トに入ります。








春の女神『岐阜蝶』を育むカントウカンアオイは今年も健在、この渋さが何とも言えぬ美しさを醸しているのです。

 




稜線に向けて登っていくと、、、






思いがけなくムラサキシメジの群生地に出くわしました。
すでに老菌で食べられませんがこれほどの大型の群生地は初めて、来年は採ったるでえ。
ムラサキシメジは美味しくないキノコと言われていますがナスと一緒にごま油で炒めたらとても美味しくなるのです。

 
 



稜線に上がって落ち葉の上に胡坐をかいて、、、






鴨のロ-ストで一杯やって朝飯の時間を楽しみます。


 
 






陽だまりのようなこの場所、今日は風もない暖か日和
乾いた落ち葉の上に大の字になって目を閉じていると初冬の山を独り占めしている充足感に浸れるのです。




気の置けない友がいるということ
お気に入りの場所があるということ
これこそが僕にとっての宝物の一つでしょうか!


















ジャンル:
ウェブログ
コメント (34)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千曲の旅 | トップ | 新春の山詣で »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寒くないのか? (山親爺)
2011-12-13 07:14:43
 これはたまげたな~
こんな最高で素晴らしいことはないが、、この寒風のテントもなしに河原に寝る、いくら山や川が好きな山親爺もこんなことしない、大丈夫なのかな~しかもゴロゴロした石の上に???。

 何処にもこんなのがいる、木の上に寝る山親爺のほうがまだましかも知れない、それにしてもたいしたもんだ。
お疲れ様でした (ルアーK)
2011-12-13 13:10:52
満点の星空を見ながら外で寝るのは最高の経験でした。

意外にも、寒くないし、車内とちがって足ものばせるし快適でしたね。
癖になりそうです(笑)

次回は、何か気のきいた一品をご用意させて頂きます!

来期は、どこかでご一緒させて頂きたいですね。

まだビッコ (寄席狂い)
2011-12-13 13:43:51
予想に違わぬ楽しげなお写真、欠席は痛恨の極みでございます。
高崎先輩と酒を飲みつつ語らいたかったです。涙

足の方はまだ痛みが取れず、足下がゴロタ石の河原でコケてたらと思うと自重は正しかったのだと自分に言い聞かせております。
この冬、また何か怪しげな会が催されるようでしたら、是非是非お声かけお願い申し上げます。

この楽しげな雰囲気を我が読者諸兄にもご覧頂きたく、こちらの日記にリンクをば、張らせて頂きます故、お許しください。
いいものです (高崎)
2011-12-13 18:00:54
山親父さん

風雨の中のビバ-クを思えば冬の川原の野宿なんてナンチャないのです。

只々開放的で快感に変わってしまうのです。

急成長 (高崎)
2011-12-13 18:04:49
ア-クテリクスKさん

楽しい夜会でしたね。

氷点下の野宿に耐えたKさんは、これで一人前の川原乞食です。

山も野宿もプロアクティブ、先を見越した準備が大切だということが分かったでしょ?
残念 (高崎)
2011-12-13 18:07:03
寄席狂いGさん

ホントに残念でござんした。

まともな話はほとんどないのですが
それだからこそ酒も肴も美味しいひと時になりました。

次回までに怪我を治して是非参加して下さいね。
お疲れ様でした! (熊)
2011-12-13 19:09:59
良い夜会となりましたね、まだ三回目だと言うのに皆さん、役務分担をしっかりと悟っている所が凄いですね(爆!

年明け早々新年会をやりましょう、場所は同じで良いと思いますので、日時を決めて下さいまし。

次回は「シェフ高崎」の料理を期待してますよ!
焚火 (トム)
2011-12-13 21:20:46
日常で炎を眺めることなどないですね~。
ゆっくりと過ぎる時間に色んなことを思うのでしょうね。

私は地元の消防団に入っておりまして、年に何回かは燃え盛る住宅を見ることがあります。
それとは大違いの至福のひと時。
仲間との楽しい時間、羨ましい限りです!

火の用心、よろしくお願いしま~す^^

Unknown (ゆっき-)
2011-12-13 22:21:42
信じられません、この衝撃

火祭りのような盛大なたき火、暖かいだろうな
豪快で繊細な男のお料理、美味しいだろうな
見ているだけで悪寒が走るゴロタ石の野宿

私も男性に生まれたかったです

また石砂山に行かれたのですね。
色づくとあの山の優しい雰囲気が一層際立つような気がしています。

高崎さんは石砂山が本当に好きなんですね!

野宿浪漫 (相模の釣師)
2011-12-13 22:30:17
いや~ごろた石の上でも気持ちの良いものでしたね~
次回は何を用意しようか悩むところですね~嬉しい悩みですが・・・
ミルフィーユでしたか~美味しかったですよ♪

これからのアウトドア人生における勉強になりましたし世界が広がった感じがします。

新年会も楽しみにしていますので、お願いしますね!
羨ましいな (じじ)
2011-12-13 23:23:15
夜会をされたのですね、千曲を思い出しながらその時の夜とダブリ、羨ましく見させていただきました。焚き火がなんともいえない心持ちになるのは不思議ですね、又体験したいです。
子供のように無邪気になれるように。
お疲れさん (高崎)
2011-12-13 23:49:38
熊さんの大量の薪のお蔭で豪勢な夜会になりましたわ。

自然薯は夜会の定番になってしまったから来年も掘らなきゃあきまへん、よろしく。

新年会?
熊さんが企画しんさい!


イタリアン (高崎)
2011-12-13 23:52:57
トムさん

寒い夜の焚火は何とも言えんとです。

この料理たちは無国籍の野人食だけれど応えられまへん。

でもたまにはトムさんのようにイタリアンもええなあ。
男に (高崎)
2011-12-13 23:56:58
ゆっき-さん

野宿は男のロマンです。
今からでも遅くはありまへん。
一物を付けて男になればええのです。
焚火も野宿も一度やったら病みつきですぜ。

この時期の石砂は静かで優しくてええですよ。
もうすぐ中低山にも雪がきます、ワクワクしませんか?
克服 (高崎)
2011-12-14 00:02:18
相模さん

イカの沖漬けは旨かったあ!

真冬のゴロタ石野宿、遂に克服ですな。
川原乞食として一段と逞しく成長してくれて嬉しいですわ。

始めた山もこれから病みつきになりますよ。
次回はくれぐれもプチ遭難しないように!
焚火 (高崎)
2011-12-14 00:11:17
じじさん

佐久はもう雪に覆われているのでしょうか?

千曲の夜を思い出します。
千曲の夜会は川原貴族気分なのですが
こちらは正真正銘の川原乞食集会でして。

来年は5月に千曲を下ろうと考えています。
また是非お会いして焚火の夜を共に過ごしたいと思います。

こちらにお出での折にはぜひ声をかけてくださいませ。
これぞ! (太っちょボブ)
2011-12-14 00:38:21
まさしく、男達の夜宴(野宴)ですね。
燃え盛る炎、酒そして美味い肴、言うことないですね。
それにしても、こんなゴロタ石の河原に寝ていたのですね。
驚きです!

凍える寒空の中、焚き火を囲んで寝る。太古の昔の祖先の血が沸きたつようですね。
美味い酒に酔いしれて、あの赤い月に向かって吠えたのですね。

2度目のお誘いにも応えられず、すみませんでした。
私も家で月食を見ていた時に天の声を聞きました。

「三度目の正直」・・・・・(だよね~)

そして皆既後の赤い月になった時に、今一声

「二度あることは三度ある」・・・・・(やめて~)

どちらが私の守護神なのかなあ~
三度目の (高崎)
2011-12-14 09:00:25
ボブさん

今回はお会いできなくて残念でした。
アウトドア派のボブさんなら焚火も川飯も野宿も絶対おもしろい筈。

50代はぼくだけなので次回は絶対に来て下さいね。

三度目の正直、信じたいと思います。
早く良くなることを祈ってます。
贅沢な時間 (ヒロキチ)
2011-12-14 20:46:44
今回も本当に日頃の疲れを忘れさせてくれた素敵な焚火会でしたね!

何か食べて作って飲んでと忙しくゆ~っくりみんなと話せなかったような気がするくらい「あっ」という間の時間でした。

来年も黒部行きましょう。

朝の一杯のコーヒーって最高ですね!
良くやるよ (Kz)
2011-12-14 22:22:01
ワイルドだね~良くやるよまったく
この状態で寝るなんて驚きだわ
朝まで焚火ってどれだけの薪集めたの
みんな旨そうな料理だし大したもんだわ

葉が落ちる前の石砂もいいんだよね
カンアオイもあるところにはあるんだね
これが紫シメジっていうキノコなんだね
初めてみたかな、石砂も結構やるもんだね。


おいらのこと? (流浪の源流師N)
2011-12-14 23:42:16
いや~まるで大人のアウトドアごっこですね
何処でもどんな状況でも飲める
ガッツですね。単なる酒飲み集団とは違うんでよね?ね?
おいらも料理は何も出来ないけど、飲むことだけは自信があります。
でも、流浪の旅が終わらないと入れてもらえそうにないな...早く帰りたいっす。

朝の一杯 (高崎)
2011-12-15 00:14:03
ヒロキッちゃん

今回はヒロキチシェフの活躍で旨い酒になりました。
ヤキトリ、ホタテ焼き、野菜ス-プ、みんな旨かったっす。

起き抜けのコ-ヒ-も有難い一杯でした。

またやりまっしょい!
 (高崎)
2011-12-15 00:17:34
Kちゃん

薪は2台の車で運んで、それでも足りなくて川原の立木も掻き集めて。
太い立木は長持ちして炎も穏やかでええですな。

石砂のカンアオイはしっかり生き残ってる。
ムラサキシメジは来年が大いに楽しみだす。
石砂はホンとに良い山だよね。
流浪 (高崎)
2011-12-15 00:20:43
流浪の源流師っていったらNさんしかおらんでしょ。

早く東京に戻ってきなはれ。
戻ったら源流行も野宿も思う存分やりまっしょい。
料理ができなくても酒が呑めれば良いのです。

待ってますよん。

質問 (ゆっき-)
2011-12-15 22:40:36
教えて下さい

いままた拝見していて気が付いたのですが
石砂山のVル-トってどんな道なんですか?

その道はどこにあるですか?

私もちょっと歩いてみたいです。
何時までも・・・ (バッカス)
2011-12-16 17:05:11
年の瀬だというのに、どこまでも時間が作れる貴方に敬服(!)

また盛大にたき火をやらかしたもんだ。

我が家にも、爺さんが薪コンロ用にため込んだ薪が沢山あります。(その為に、住宅地の真ん中で盛大にチェーンソーの音をまき散らし、老人力をまき散らしておる訳です。)

川原のたき火も一つの手ですね~

画面の盛大な様子に、何とか「たき火」をしたい症候群の私の心は千路に乱れます。
Vル-ト (高崎)
2011-12-17 17:18:23
ゆっき-さん

遅レスですみません。
何せ忙しいものでどないにもなりまへん。

さてVル-トですが、バリエ-ションル-トのことで、つまり本道、一般登山ル-トとは違うル-トを意味します。

分かりやすく言えば、木こりや炭焼き、山菜取りの人たちが昔から行き来している杣道、以前は一般ル-トだったものが崩壊や新道ができたりして今では廃道になってしまった道などです。

どの山にもVル-トはたくさんあって、山地図に破線で描かれているものはVル-トの中でも比較的分かりやすいル-トですが地図にない杣道に迷い込んだら抜け出せなくなる可能性があります。

石砂山にも地図にない仕事道が縦横に走っていて小ピ-クも無数にあるので石砂を知り尽くしているつもりの僕でも時々迷ってしまいます。

石砂と石砂を取り囲む山々の地形、東西南北の風景を知り尽くしていないと危険です。

どうしてもVル-トに入りたいのであれば一般
ル-トから10分ほど入ったら引き返すようにして下さい。

それだけでも違った石砂の雰囲気は十分に楽しめる筈ですからね。

これから2月中旬までは鹿やイノシシを狙った鉄砲撃ちが入りますから撃たれないように充分注意が必要です。

焚火 (高崎)
2011-12-17 17:24:17
バッカスちゃん

今日も仕事でさっき帰ったところです。
お互いにいつになっても貧乏暇なしの人生だこと。

そんな忙しい毎日を癒してくれる数少ない遊びが焚火なんですなあ。
冬なら昼間でも焚火はええですぜ、薪があるならなおさらだす。

ウインナソ-セ-ジを焼いてビ-ル、これだけでもう十分に至福の焚火が味わえますぞ。
(でも年末までムリやね)

Unknown (とら)
2011-12-19 06:26:52
焚火はやっぱり「男達」が似合いますねえ。

たとえばどんなに気配りの出来る女性がいたとしても、
今度は男にええ格好しいの気持ちが出て輪が乱れる場合も(笑)

家の解体と再築で来春にはまた大量の薪がでます。

「冬来たりなば春遠からじ」

千曲の旅の野営地にいくらでも運びますよ。
暖炉 (高崎)
2011-12-20 00:15:07
寅さん

遅レスですみません。
焚火と野宿は断然男たちに限ります。
なんせむさくるしい輩ですから。

寅さんの家とブナの木は残念ですが
新しい家はバ-ボンが似合う自作の薪スト-ブを是非制作して下さいね。

千曲の夜会は住み慣れた寅さんの家の弔いを兼ねてしめやかにやりましょうかね。

熊さんと新築祝いを運びまっすよん。
Unknown (tomasu)
2011-12-22 18:36:11
羨ましい!気の利いたコメントは出来ませんが高崎さんの全てが沢山の仲間を惹きつけているのでしょうね。私もその内の一人です。
川原の酒宴も良いですが、雪が深々と降るかまくらの中も結構いけると思いますよ!
*寅さん邸着々と進んでいます。
かまくら (高崎)
2011-12-23 00:31:31
tomasuさん

飯山の雪は大変なことになってませんか?
雪深い飯山のかまくらは僕の憧れだす。
七輪と鍋を囲んで呑んで笑いあえたらどんなに幸せなことでしょ。

この3連休の降雪で飯山は身動きとれなくなっちゃうんじゃないかと心配しちょります。
工事中の寅さん邸が雪でつぶれたらどうしましょ(喜)

2軒分の薪ができたらと考えると思わずほくそ笑んでしまいそうだす。
Unknown (とら)
2011-12-24 09:56:10
どうもきな臭いと思ったら、やはりここでしたか(笑)

残念ながら例年にない大雪で肝心な柱がいまだ立っておりません!(爆)

春の期限までに建てられなくてもお役所はこのオイラにゃ
文句言えないでしょうから(笑)のんびりやりまっす。

先日も彼らの怠慢を証明してあげたばかりで地団駄踏んでますわ^^

さあ、軽くビールでも飲んでシエスタといきましょうか。
大雪? (高崎)
2011-12-24 17:39:59
寅さん

いやあ、飯山は大雪でエライことになってるようで、積雪1.5mくらいだすか?

この大雪の中での建前は絶対にムリっすよ。
まさか寅さん自分で家1軒建てようって訳じゃないっすよねえ。

雪景色にはめっちゃ憧れるのですが、でも雪に閉じ込められた毎日は耐えられそうにありませぬ。

って、こちらは毎日事務所に閉じ込められて気が狂いそうでありんす。

飯山のかまくら、野沢の温泉、長逗留してのんびりしながら、明るいうちからビ-ルとシエスタなんで贅沢な休日をいっぺんでいいからオイラもやってみたいものですわ、羨ましかねえ!


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
月食の夜... (サワアルキガスキ)
今年も、夜会に参加させて頂きました。 20時に待ち合わせでしたが、仕事が終わって
野宿は男の浪漫♪ (いい釣夢気分!)
    野宿は山男のホスピタル・・・・っと言ったとか言わなかったとか・・・・で2011の野宿の会の日がやってきた   山男の先人達の集いに昨年から参加させて頂いている訳だが、昨年 私は車中泊した・・・寒いんだもん(笑)   ...