山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

なんとか〇ボは、、、、

2017-04-18 00:01:20 | 自然薯 山菜
気温26度の夏日、風もなく春の女神のお出ましには絶好の日和に恵まれた。
こんな日和はめったにないというのに天邪鬼の僕は石砂山を避けてハンドルを小菅村に向けることにした。
登山者でごった返す山には馴染めない、久しぶりにお蕎麦も味わいたい、ついでにタラの芽と山女魚で両手に花となる。

しかし、予想が的中して小菅の桜はまだ二分咲き程度、タラの芽も山女魚も時期尚早の予感強し!
それでも諦めきれずに小菅の山を2時間ほど徘徊してみたけれどタラの芽の一番芽は固い殻に覆われて芽吹きには程遠い。




諦めて下山して午前11時、開店と同時に原始村の蕎麦屋の暖簾をくぐる。
地元のおばちゃん達が打つここの蕎麦は無骨で黒くて太くてもちもちで田舎蕎麦特有の食感と味わいが楽しめる。




ほどなくして運ばれてきた蕎麦を一目見て驚いた。
細切りにされた端正なこの蕎麦は、いつもの田舎蕎麦特有の無骨さのかけらもないのだ。
一口手繰れば、小気味良い食感と喉越しに、田舎でもやればできるじゃんと思わず拍手を送りたい心持になる。
田舎だからもちもちの田舎蕎麦、そうじゃなくてもいいんだよね、このパラダイムシフトが実に革新的で嬉しくなってくる。




小菅村を諦めて秋山村の里山へと車を向ける。
途中、西原(さいはら)の平打ち蕎麦を食べたくなって『びりゅう館』に立ち寄ってみる。




富士を眺める坪山から下山した登山者で埋った席に相席をお願いして大盛りを注文した。
かつおだしの効いた少し甘めのつゆによく絡む平打ち麺は歯ごたえ喉越し小気味よく一気に平らげた。




午後1時過ぎ、阿寺沢上流の集落の良く管理された里山が美しい。




刈り払われた山の仕事道を歩けばタラの木が其処ここに目につくけれど殆どが萌え始めたものばかりだ。

 


都会では芽吹いたばかりのタラの芽が珍重されているけれど、もっと開いている方が味も香りも強くて実は美味しいのだ。
小さくてちょっとかわいそうだけれど今晩の酒肴にと天ぷらで食べる分を5個だけ摘ませてもらうことにした。




この後、この里山の沢で山女魚と遊ぼうと釣り具を用意してきたのだけれど、そよ風が強風に変わってしまった。

解禁はもう少し先、メイフライが飛び始める季節になるのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生祝! | トップ | GWは新緑の木陰で »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
里山 (山親爺)
2017-04-18 03:07:06
 芽吹きの里山の空間に身を置く幸せは素晴らしいことはない、日本は素敵な国だ思いがけない発見があるから里山に感謝して日々を過ごしております。
しっかり〇ボを‥ (へっぽこフライ師)
2017-04-18 06:59:25
ドライの解禁は例年4月の二十日頃なのですが、
2日ほど前の恵みの雨に我慢が出来なくなり突撃してまいりました。
水量は申し分なかったのですが、ウェットウェーディングで立ち込んだ足がシビレるほどの冷たさ‥
タラの芽に「も~い~かい?」と問えば、「ま~だだよ。」というお返事‥
はい。こちらはしっかりと〇ボをくらってまいりました。

でもですね‥
そう言えば?ということで出かけた翌日の石砂山ではギフチョウの乱舞に遭遇。
めでたしめでたしでございます。

Unknown (トリオ)
2017-04-18 09:01:39
だんだんいい季節が近づいてきましたね。

こちらは雨が風が酷く大変でしたが・・・

そばと言えば日曜日父がそばが食べたいというので連れて行ったのですが、硬いと少し残したので食べてみました。
触感は良かったと思いましたが、歯の悪い父には柔らかくて食べやすければいいのかと思った日でした。

また 美味しい空気と風景とそばの話待っています。
お蕎麦を2度も! (雲の平)
2017-04-18 11:01:32
よい休日を過ごされましたね。いつもながらのすてきな写真を拝見しました。我が家のタラの芽もセイタカさんの写真と同じくらいに成長しています。今夜にしようか、明日にしようか迷っています。
里山 (兵庫の釣り師)
2017-04-18 17:28:37
里山の風景はのどかで癒されますねえ。
旅をするならこんな風景の里山を花を探しながら歩くのもいいものですね。

蕎麦2点、挽きぐるみの細打ちも平打ちも旨そうです。
僕は太くてもちもちの田舎蕎麦よりも小気味よい細打ちが好きです。
タラの芽、〇ボではなくて本当にようございました。
酒肴になった天ぷらはさぞかし美味しかったのでしょうね。
タラの芽 (ヒロキチ)
2017-04-18 21:24:10
我が家の近くのタラの芽はちょうど食べ頃ですよ。
標高差で大分芽吹く時期がズレますね。
今年は仕事が忙しくて中々山に行けません。
落ち着いたら山梨のいつもの渓に行きましょう!
Unknown (papachan)
2017-04-18 22:16:32
高崎さん、こんばんは!
原始村の蕎麦は、たしか一時期やってませんでしたよね。
もう少し新緑が進んだら、小菅にも出陣したいので、その時は寄ってこようと思います。

ヤマメとの対面が早くかなうといいですね。
里山 (高崎)
2017-04-19 01:18:12
山親父さん

渓流や里山の守り神である山親父さんの生き方に憧れます。
年をとったら田舎暮らしがいい、山親父さんの仰るとおりです。

でもそれが叶わない僕は時々こうして里山で癒されております。
岐阜蝶 (高崎)
2017-04-19 01:25:00
へっぽこフライ師さん

山女魚には振られているようですが
春の女神の乱舞に遭遇できたのは快挙です!

次は石砂山で山飯のあと昼寝して山ビルに纏わりつかれる写メを期待しちょりますよん!

とにかく今年のへっぽこさんの数々の怪挙?は
僕も心から喜ばせて頂いたおります。

タケノコ (高崎)
2017-04-19 01:29:14
トリオさん

トリオさんのブログを拝見して、もうタケノコの季節なんだと気づかせて頂きました。
タケノコとフキの煮もの、今年もこの季節を味わい尽くしたいと思います。

お父上様、少しやわらかめの蕎麦が食べやすいんですね。
僕はインスタントラ-メンは少しのび気味が気に入っております。
タラの芽 (高崎)
2017-04-19 01:34:29
雲の平さん

美味しいお蕎麦なら大盛り4軒くらいはハシゴできちゃいます。

お宅の庭にタラの木があるなんて羨ましくて発狂しそうです。
料理上手の雲の平さんの手にかかれば何でも美味しくなっちゃうんでしょうねえ。
ご主人さまはさぞかし美味しい幸せを満喫されていることでしょうねえ!

里山 (高崎)
2017-04-19 01:40:29
兵庫の釣り師さん

里山ののどかな風景はなぜこんなにも心に沁みるのでしょうか?
釣りや登山で訪ねる里山のいずれもが良く管理されていて
ここに腰を据えて棲む方々の在所を慈しむ心意気を身に沁みて感じますねえ。

蕎麦2点、蕎麦好きの釣り師さんに褒めて頂けて光栄です。
タラの芽 (高崎)
2017-04-19 01:46:56
ヒロキチちゃん

ヒロキチちゃんの家の近くにタラの芽が自生しているのかしら?
それはちょっとズルいでしょ、今から息子さんに自然の恵みを味わってほしいですねえ。

ヒロキチちゃんの渓、やりたいですねえ。
5月はGWに2日ほど休めるだけで、あとは土日も仕事に明け暮れます。
GW以外なら6月の方が僕はいいのですが、、、、



原始村 (高崎)
2017-04-19 01:53:25
papachanさん

papachanさんちのタラの芽と蕗の薹の天ぷら、美味しそうに揚がってましたねえ。
僕も1年ぶりに春の恵みを少しだけ味わいました、この少しだけがいいんですよねえ。

原始村の蕎麦、ご存知でしたか?
方々を巡っておられる行動半径の広さに驚きます。
原始村の蕎麦、打ち手のオバチャンやおじちゃんによって毎回違う楽しみがありますよね。
手前味噌 (寅)
2017-04-19 12:06:36
春の山、楽しんでいますね。
タラの芽の天ぷらはさぞかし美味かったでしょう!
奥信濃の山はまだ雪が多く渓は怒涛のカフェオレ雪シロ。
Dフライの出番は来月になりそうです。

瑞々しい蕎麦を見ていると自分でも打ってみたくなりますが
今まで食べた美味い蕎麦、No4は自分で打った蕎麦。
北海道幌加内産と信州産をブレンドしたやつですがね
水回しの時の香りがたまらんのですよ(幸)  
汁に使うかえしは醤油と味醂のみの辛口。   いつか、、、
蕎麦打ち (高崎)
2017-04-19 17:36:04
寅さん

先日の信越国境の地震の影響はありませんか?
またもや栄村と聞いて飯山は大丈夫かと心配しちょりました。

北信の桜もタラの芽もGWあたり、ドライフライは5月下旬でしょうか?
ドライオンリ-の今年の寅さんは気温上昇の季節が待ち遠しいでしょうねえ。

蕎麦も酒も、旨い、旨くないの区別しかつかない僕に比べて
何についても拘り深い寅さんをいつも尊敬しちょります。
No4の寅さんの手打ち蕎麦、蕎麦前つきで味わえる日がきますように!

来ないと、、 (Kz)
2017-04-19 20:45:10
この前の日曜は今日しかないというくらいの日和だったんだよ
あの日を逃す手はないだろって思うくらいだったんだよ
タラの芽だって今が盛りで石砂なら捨てるほどだぜ
まあ仕方ないけどさ、人が多すぎるもんな。

この蕎麦うまそうだね、つねっさとどっちが旨いのかな
蕎麦打ちを諦めた俺としては潔く食べることに徹してます。
山の知識 (西やん)
2017-04-19 21:21:08
野草、山菜、キノコととにかく山の知識がすごいです
山歩きの楽しみと採る楽しみと味わう楽しみをいっぺんに楽しめる
こういう知識は本だけではものにならない気がしますがどうなんでしょうか
自分も見つける喜び採る喜びを体験してみたいです。
舞姫日和 (高崎)
2017-04-20 00:51:11
Kちゃん

日曜日はまさに舞姫日和だったっす。
分かりすぎるくらいに分かっているんだけれど
沢山の人でごった返しているのはどうもねえ
ゆっくり山飯する場所もない訳ですわ
また日を選んで舞姫とタラの芽を両手に花といきますわ。

蕎麦については、つねっさの方が断然旨いね!
山の知識 (高崎)
2017-04-20 00:55:41
西やん

山菜もキノコも地元のベテランから見たら僕なんてまるっきりのひよっこです。

なんせほんの何種類しか知らない訳ですから。
でも、その何種類かを知っているだけで山歩きが3倍面白くなるんですよね。

西やんも最初は図鑑片手に山菜やキノコを探してみるといいですね。
一つずつ覚えるほどに山歩きが楽しくなること請け合いです。

おまけに食べる楽しみもね!
お蕎麦 (ゆっき-)
2017-04-22 10:42:34
先週末に女神の乱舞に会えて満足したので今週は家でのんびりしようと思います。
いつも高崎さんのお蕎麦は美味しそうで、でも一人でお店に入るのは躊躇してしまいます。
山で取ったタラの芽の天ぷらも一度味わいたいですが私にはどうしても見つけられません。

どんな場所にあるのでしょうか?
ちなみにスーパ-で売っているちっちゃなタラの芽は食べたことがあります。
山野草食べてます (バッカス)
2017-04-22 13:15:25
今年は、意識して山野草食べてます。

ウド、タラの芽、セリ、コゴミ、ノビル…
ノビルだけは自分で獲れますが、後は直売所で買ったもの。

体の毒素を出すため、カァちゃんの財布の紐が緩くなっています。
岐阜蝶 (高崎)
2017-04-22 21:23:25
ゆっき-さん

忙しくなってきたので今年の岐阜蝶は諦めました。
石砂は年に何度も登るし岐阜蝶もずって会っているのでまた来年。

上野原~小菅まで蕎麦屋は6~7軒ありますから
牛の寝通りを歩くときには是非立ち寄ってみましょうね。
それぞれに特徴があってええですよ、でもつねっさが一番かな。
一人で入ってもなんちゃないですから勇気を出して暖簾をくく゜ってしまいましょうね!

今年のGWの予定は立てましたか?
山野草 (高崎)
2017-04-22 21:27:04
バッカスちゃん

また倒れて入院したんじゃないかと心配しちょりましたよ。
日曜に電話でも入れてみようかと考えていたところです。

山野草で毒素を抜いて、少しずつ歩いて早く元気を取り戻してくださいね。

三毳山もこれから芽吹きの季節、萌葱色に輝く若葉にも元気をもらって下さいね!
蕎麦 (相模の釣師)
2017-04-23 19:41:25
蕎麦って難しいです、しかし高崎さんのおかげで
旨い店の雰囲気がわかってきたようなきがします。
今年はストイックに行くと決めているのですが
来年は御当地蕎麦を堪能する釣り旅もしてみたいな~

タラの芽、丁度じゃないですか~
計画 (ゆっき-)
2017-04-23 20:43:05
会社の仕事が忙しくて計画は全然です。
でも連休の後半で同僚4人で1泊の女子旅だけ決まってます。
連休の前半で行先と宿を決めてあとは行き当たりばったりもおもしろいかなと考えています。
もし宿が取れない時は高崎さんスタイルで日帰り旅とか日帰り山行を2回、
ついでに日帰り温泉とお蕎麦もいいかななんてかなりラフに構えています。

高崎さんは決まりましたか。
蕎麦 (高崎)
2017-04-25 00:08:56
み-さがちゃん

蕎麦は面白いですねえ。
打ち手によって全く別物の蕎麦になってしまいますから。
僕は舌が肥えていないので旨い、旨くないの違いだけでして判断できませんが殆どの蕎麦は美味しく頂ける寛容な舌の持ち主です。
でもたま~に、これでお金取って恥ずかしくないんかねえと
熱烈に思うこともありますが悪口は殆ど口に出しまへん。

蕎麦もラーメンも酒肴も行く先々で味わえる喜びを感じていたいものですねえ!
計画 (高崎)
2017-04-25 00:16:06
ゆっき-さん

行きあたりばったりの4人の女子旅、楽しんで下さいね。
また旅の途中で送ってもらう写メなどで楽しませて頂きますね。

僕はもう今週から忙しくなって5月いっぱいは忙殺されてしまいます。
なんとかGWに2日ほど休みを取って命の洗濯をと考えています。

春うららのこの季節、萌葱色の若葉に生きる力を感じて溌剌とした日々を過ごしたいものですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL