山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

なんとか〇ボは、、、、

2017-04-18 00:01:20 | 自然薯 山菜
気温26度の夏日、風もなく春の女神のお出ましには絶好の日和に恵まれた。
こんな日和はめったにないというのに天邪鬼の僕は石砂山を避けてハンドルを小菅村に向けることにした。
登山者でごった返す山には馴染めない、久しぶりにお蕎麦も味わいたい、ついでにタラの芽と山女魚で両手に花となる。

しかし、予想が的中して小菅の桜はまだ二分咲き程度、タラの芽も山女魚も時期尚早の予感強し!
それでも諦めきれずに小菅の山を2時間ほど徘徊してみたけれどタラの芽の一番芽は固い殻に覆われて芽吹きには程遠い。




諦めて下山して午前11時、開店と同時に原始村の蕎麦屋の暖簾をくぐる。
地元のおばちゃん達が打つここの蕎麦は無骨で黒くて太くてもちもちで田舎蕎麦特有の食感と味わいが楽しめる。




ほどなくして運ばれてきた蕎麦を一目見て驚いた。
細切りにされた端正なこの蕎麦は、いつもの田舎蕎麦特有の無骨さのかけらもないのだ。
一口手繰れば、小気味良い食感と喉越しに、田舎でもやればできるじゃんと思わず拍手を送りたい心持になる。
田舎だからもちもちの田舎蕎麦、そうじゃなくてもいいんだよね、このパラダイムシフトが実に革新的で嬉しくなってくる。




小菅村を諦めて秋山村の里山へと車を向ける。
途中、西原(さいはら)の平打ち蕎麦を食べたくなって『びりゅう館』に立ち寄ってみる。




富士を眺める坪山から下山した登山者で埋った席に相席をお願いして大盛りを注文した。
かつおだしの効いた少し甘めのつゆによく絡む平打ち麺は歯ごたえ喉越し小気味よく一気に平らげた。




午後1時過ぎ、阿寺沢上流の集落の良く管理された里山が美しい。




刈り払われた山の仕事道を歩けばタラの木が其処ここに目につくけれど殆どが萌え始めたものばかりだ。

 


都会では芽吹いたばかりのタラの芽が珍重されているけれど、もっと開いている方が味も香りも強くて実は美味しいのだ。
小さくてちょっとかわいそうだけれど今晩の酒肴にと天ぷらで食べる分を5個だけ摘ませてもらうことにした。




この後、この里山の沢で山女魚と遊ぼうと釣り具を用意してきたのだけれど、そよ風が強風に変わってしまった。

解禁はもう少し先、メイフライが飛び始める季節になるのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生祝! | トップ | GWは新緑の木陰で »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
里山 (山親爺)
2017-04-18 03:07:06
 芽吹きの里山の空間に身を置く幸せは素晴らしいことはない、日本は素敵な国だ思いがけない発見があるから里山に感謝して日々を過ごしております。
しっかり〇ボを‥ (へっぽこフライ師)
2017-04-18 06:59:25
ドライの解禁は例年4月の二十日頃なのですが、
2日ほど前の恵みの雨に我慢が出来なくなり突撃してまいりました。
水量は申し分なかったのですが、ウェットウェーディングで立ち込んだ足がシビレるほどの冷たさ‥
タラの芽に「も~い~かい?」と問えば、「ま~だだよ。」というお返事‥
はい。こちらはしっかりと〇ボをくらってまいりました。

でもですね‥
そう言えば?ということで出かけた翌日の石砂山ではギフチョウの乱舞に遭遇。
めでたしめでたしでございます。

Unknown (トリオ)
2017-04-18 09:01:39
だんだんいい季節が近づいてきましたね。

こちらは雨が風が酷く大変でしたが・・・

そばと言えば日曜日父がそばが食べたいというので連れて行ったのですが、硬いと少し残したので食べてみました。
触感は良かったと思いましたが、歯の悪い父には柔らかくて食べやすければいいのかと思った日でした。

また 美味しい空気と風景とそばの話待っています。
お蕎麦を2度も! (雲の平)
2017-04-18 11:01:32
よい休日を過ごされましたね。いつもながらのすてきな写真を拝見しました。我が家のタラの芽もセイタカさんの写真と同じくらいに成長しています。今夜にしようか、明日にしようか迷っています。
里山 (兵庫の釣り師)
2017-04-18 17:28:37
里山の風景はのどかで癒されますねえ。
旅をするならこんな風景の里山を花を探しながら歩くのもいいものですね。

蕎麦2点、挽きぐるみの細打ちも平打ちも旨そうです。
僕は太くてもちもちの田舎蕎麦よりも小気味よい細打ちが好きです。
タラの芽、〇ボではなくて本当にようございました。
酒肴になった天ぷらはさぞかし美味しかったのでしょうね。
タラの芽 (ヒロキチ)
2017-04-18 21:24:10
我が家の近くのタラの芽はちょうど食べ頃ですよ。
標高差で大分芽吹く時期がズレますね。
今年は仕事が忙しくて中々山に行けません。
落ち着いたら山梨のいつもの渓に行きましょう!
Unknown (papachan)
2017-04-18 22:16:32
高崎さん、こんばんは!
原始村の蕎麦は、たしか一時期やってませんでしたよね。
もう少し新緑が進んだら、小菅にも出陣したいので、その時は寄ってこようと思います。

ヤマメとの対面が早くかなうといいですね。
里山 (高崎)
2017-04-19 01:18:12
山親父さん

渓流や里山の守り神である山親父さんの生き方に憧れます。
年をとったら田舎暮らしがいい、山親父さんの仰るとおりです。

でもそれが叶わない僕は時々こうして里山で癒されております。
岐阜蝶 (高崎)
2017-04-19 01:25:00
へっぽこフライ師さん

山女魚には振られているようですが
春の女神の乱舞に遭遇できたのは快挙です!

次は石砂山で山飯のあと昼寝して山ビルに纏わりつかれる写メを期待しちょりますよん!

とにかく今年のへっぽこさんの数々の怪挙?は
僕も心から喜ばせて頂いたおります。

タケノコ (高崎)
2017-04-19 01:29:14
トリオさん

トリオさんのブログを拝見して、もうタケノコの季節なんだと気づかせて頂きました。
タケノコとフキの煮もの、今年もこの季節を味わい尽くしたいと思います。

お父上様、少しやわらかめの蕎麦が食べやすいんですね。
僕はインスタントラ-メンは少しのび気味が気に入っております。

コメントを投稿

自然薯 山菜」カテゴリの最新記事