MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

アサシン クリード

2017-07-15 01:14:36 | 洋画
私はTVゲームもしないし、DVD見るときには極力情報をいれないので
梗概も読まないし、って米盤のBlu-rayの英語文字がちっちゃ過ぎて読む気も失せるのも事実ではありますが
ってことでレンタル屋さんに沢山導入されてまして
いつだったか輸入DVD屋さんにて米盤Blu-ray購入してたのは覚えていたので
未見で積んであるDVDの山から探しだして来ましてね
これと一緒に「ドクター・ストレンジ」も
ってっことで「ドクター・ストレンジ」を先に見てしまって・・・

でようやく見たのですが、先に書いたように情報を入れないから
オープニングでのアサシン教団とテンプル騎士団との抗争云々っていう説明から
てっきり1491年の中世が舞台の所謂歴史劇だとばっか思い込んで見始めたら
なんと映画の主たる舞台はpresent dayのお話ではないですか

騎士団と教団が人知れず今日まで暗闘を続けて来ていたのは
エデンの果実が見つからないということだったようで・・・
そのエデンの果実の存在場所を探すために
アサシン教団の血筋である主人公を死刑から救いだし

何故にカラム・リンチが死刑になるほどの犯罪者に30年の間に成り果てたのかの説明もナンもなかったけども、ちびっと台詞で出てきた罪状はドー見ても死刑相当にはお思えないような気がしたのだけども
ま、細かいことはいいか

体よくなんとか(名前が聞き取れなかった)財団の実験でカラムは
己のDNAをたどって500年前と現在を行ったり来たりのお話ではないですか
何だか見てるこっちに整理がつかない
「ドクター・ストレンジ」の時にも書きましたが
アメリカ人ってこういうややこやしい時制の行ったり来たりってよく理解できますよね
もう私は諦めて眼前のモニターに映し出される
アクションをタダタダ見て楽しむだけでしたが・・・

映像的にはちょっと2Dでも暗いので劇場で3Dだともっと暗いのではないかな
これって続いていくんですよねェ
マイケル・ファスベンダーも製作に噛んでるようですが
香港が製作国に絡んでるようですが、チャイナマネーではないのかな

2016年製作、イギリス・フランス・アメリカ・香港合作映画
ジャスティン・カーゼル監督作品
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン、シャーロット・ランプリング、マイケル・K・ウィリアムズ、ドゥニ・メノーシェ、アリアーヌ・ラベド
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネバー・サレンダー肉弾乱撃 | トップ | WILDワイルドわたしの中の獣 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒロ之)
2017-07-15 16:49:58
こんにちは!
コメント&TBありがとうございました。
アクションに拘り持たせてる変わりにストーリーが疎かになっちゃっている感じがしました。
そのアクションも結局似たようなものばかりでしたし、だらだらと見続けこれといった感想が生まれなかったです。
とにかく時代の切り替わりが頻繁で落ち着きのない作品になっちゃっていますね。
Unknown (morkohsonimap)
2017-07-16 03:50:09
ヒロ之さん今晩は
TB&コメントありがとうございました。
時制の往来がちょっとわかりづらい映画でしたねぇ

中世の剣劇アクションシーンももう少し殺陣をしっかりと見せてくれてると
パルクールも、もうちょっと映えたかなぁ
どうしてもこういうのって屋根に立つシーンが多すぎ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アサシン クリード (銀幕大帝α)
ASSASSIN'S CREED 2016年 イギリス/フランス/アメリカ/香港 115分 アクション/アドベンチャー 劇場公開(2017/03/03) 監督: ジャスティン・カーゼル 出演: マイケル・フ......