MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

ジュリエッタ

2017-07-13 13:36:56 | 洋画
スペインの監督ペドロ・アルモドバルだとは知らなくて
なんとなくジャケットの二人の美女の絵面に惹かれて手にとって
アルモドバルと知り早速レンタルしてきましたが
梗概読んでいませんでしたのでちょっとビックリな内容でもありましたが
それなりに見続けられる映画でしたが

見終わって調べたらアリス・マンロー原作の三つの短編小説を一つの映画に脚色したようです
ジャケットの二人の女性はタイトルにもなってるジュリエッタというヒロインを二人一役ということなんですね
女優さんの実年齢に合わせて、中年のジュリエッタをエマ・スワレスが
ヤングジュリエッタをアドリアーナ・ウガルテがそれぞれ演じられていますが
ジャケットの絵面もそうですが
アドリアーナ・ウガルテの美貌が半端ないし、ブラパン装着してますが
列車のコンパートメント内での激しいセックスシーンを演じてるのがちょっと待ってと
思いましたが
次の濡れ場ではちゃんと左右のおっぱいをしっかりとさらしてくれておりましたがな(笑
その点はさすがヨーロッパ女優さんですよね
どっかの国の女優さんとは大違い

要は母が15才以降自分の前から姿を消した娘の現在の境遇を知り
娘に会いたいと思う気持ちを、彼女と過ごしたアパートにもどり
マドリードの町を娘の姿を求めてさ迷い歩きながら
彼女への思いを彼女の生まれた時から育児中や別れてからの心境を彼女に当てた
物語を点綴していく形で映画は進行していきます

しかし、三つの短編を一つのプロットに収斂させてきてますので
ジュリエッタの両親のお話では
母が介護を要する病気のための父親は部屋に監禁し、ヘルパーとして雇った女と肉体関係を持っていたり
ジュリエッタが列車内で知り合った娘の父親となる漁師の妻も不治の病で
列車内では不倫に陥ってしまうものの彼の家を尋ねれば妻は病死していたものの
中年の家政婦と漁師は肉体関係を持っていたような
ってジュリエッタの身の回りにはおんなじような男女関係が・・・

結局娘の現在に会えないのですが
彼女から、助けを求めるような手紙が届いて・・・

ちょっと三つの短編をって欲張り過ぎているような感じで
男女の関係が被ってるのとかをもうちょっと整理した方がよかったかなぁ
ヤングジュリエッタ演じてるアドリアーナ・ウガルテの美貌とおっぱいを見るだけでも
決して損はしない映画になっていたと思ったのは私だけ?

2016年製作、スペイン映画
ペドロ・アルモドバル脚本・監督作品
出演:エマ・スアレス、アドリアーナ・ウガルテ、ダニエル・グラオ、インマ・クエスタ、ダリオ・グランディネッティ、ミシェル・ジェネール、スシ・サンチェス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドクター・ストレンジ | トップ | 快楽写真館 エロスは暗室の中に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。