MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

ザ・モンスター

2017-09-06 14:30:58 | 洋画
いつ購入したか全然覚えていないのですが・・・
ジャケットのモンスターに喰われそうなお姉ちゃんの絵面だけで買った気がするのですが
ゾーイ・カザンの名前だけ覚えていたようで
GEOさん先行レンタルのDVDと言うことでして・・・私ポリシーと言うか
ポリシーじゃないですよねある意味変な意固地な意地で先行だの限定だののレンタルはしないと一人レジスタンスしてまして
確か今年の<未体験ゾーン>の一本でしてこれは見たいと・・・って云うことっ
結局購入していたんですねぇ
どっか記憶のすみにあったようで・・・探しだして来ました

こういう映画の常套手段しては、全然人気の無い所でヤバい目に遭うと言うことで、主人公のお姉ちゃんが孤軍奮闘怪物と戦うってのが鉄板ですが
この映画はそんな感じに母と娘の愛情復活に娘の一人立ちがテーマになっていましたね

と言うことで90分の尺の3分の1まではモンスターもでて来ません
それ以降もそんなに全体像を見せてはくれません
モンスターが主役じゃないんです
モンスターに教われることで、ある意味ネグレクト気味な若いお母ちゃんが
別れた夫に親権をとられて夫の元に娘を届けに行く途中で森のなかで狼を轢いて
クルマが動かなくなりケータイで助けを・・・

事故の移動車も案外早く来るけども、よくわかんない荷物移動が行われケータイがレッカーに
ここからいよいよモンスターが登場してきてるのですが
事故処理のお父さんがいち早くモンスターの餌食となり
ケータイはないは、車から出られないわ
恐怖におののく母と娘のこれまでの日常がモンスターとの恐怖の合間に挿入され

アル中だし、煙草は娘の前で吸いまくりだし、家事もロクにやっておらず職にもつけないダメ母と娘の物語が説明されます
こんなネグレクトな母と娘の関係の前に突然現れたのがモンスターって事でして

このモンスターですが、一体何物でどこから来たのか、なんのために襲うのかまるで何も語られませんが人や動物を襲うことは半端ありません
いちおう助けが移動レッカーに救急車が来るんですが、
そこはこの手の映画の定番で彼らはすぐにやられてしまい
結局はこの母娘とモンスターとのタイマン勝負がケレンになる訳ですが

ダメ母はダメ母なりの娘への愛情の行動が描かれてますし、
娘には娘の意地と死に物狂いの行動が描かれますが母は命を落とします
B級モンスター映画の姿を借りた母娘の愛情ストーリーだったんですねぇ
お嬢ちゃん今日から母の思いを胸に強く生きてくれ
って応援したくなるエンディングでした

2016年製作、アメリカ映画
ブライアン・ベルティノ脚本・監督作品
出演:ゾーイ・カザン、エラ・バレンタイン、アーロン・ダグラス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZIPPER/ジッパー エリート... | トップ | バーニング・オーシャン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒロ之)
2017-09-06 19:46:50
こんばんは!
コメント&TBありがとうございました。
TSUTAYA独占に対抗してGEOも先行レンタルという手段を最近取るようになりましたね。
余りこういうのは私も好きではないのですが。
モンスターに遭遇した事で母娘の愛と勇気が試される内容になってましたが、娘さんの最後に見せた前向きな姿勢が救いでしょうか。
確かに荷物をレッカー車に移動させる所は順番的には変に感じましたが、スマホを使わせない為の演出手段だったのかしら、ちと無理があるようには感じましたが。
Unknown (morkohsonimap)
2017-09-07 01:07:05
ヒロ之さん今晩は
TB&コメントありがとうございました
普通に定番の怪物映画でしたが
ネグレクトなお母ちゃんでも最後は母親の愛情を見せて死んで行くんですねぇ

ま、先行、独占レジスタンスは個人の維持なんですけども・・・

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・モンスター (銀幕大帝α)
THE MONSTER 2016年 アメリカ 91分 ホラー 劇場公開(2017/02/11) 監督: ブライアン・ベルティノ 『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』 脚本: ブライアン・ベルティノ 出演: ゾー......