MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

艶色巡り

2017-08-30 09:51:07 | ピンク映画
CSのチャンネルNECOの午前3時半過ぎに始まって午前5時に終わる
ミッドナイトシアターの後半枠でのOAをリアルタイムでの視聴はムリと判断し
録画したものを朝から視聴しました(って早朝の8時から見ても楽しいOP映画Rー15版)

先の「桃色図鑑」の時に書きましたが、この映画はRー18+のピンク映画劇場本編
「恋愛図鑑 フってフラれて、でも濡れて」との姉妹作と言うか、表裏一体の二本撮り作品でしたね、同じキャストが同じ役で演じてる姉妹作品です
どっちが姉で妹かはわかりませんが、ってことではあるようですが
「恋愛図鑑 フってフラれて、でも濡れて」の方は
ダーリン石川こと石川ゆうやさんで物語が回り
って石川さんダーリンってバーを新宿ゴールデン街にオープンしていて
そこからダーリン石川の芸名を使われてるようですね
夕方のニュース番組で見たのですがダーリン石川さん
ゴールデン街の商工組合の組合長さんをやられてるようですねぇ

で話がそれてしまいましたが、TVOAのRー15版のタイトルは「艶色女体巡り」としてタイトルがクレジットされていたようですね(こちらもOA用に"女体"抜いていたのは何でだろう)

要は友田彩也香演じるピンク映画人気女優の原聡美は、ピンク映画男優のダーリン石川演じる
三沢との破局から物語が始まって
ふとしたきっかけで津田篤演じるピンク映画の助監督との同棲生活を活写
と言うことでこの映画は津田篤で物語が展開するので無理矢理津田を後半嬬恋に行かせてる

横山みれい演じる女子大生は津田が処女喪失企画のAV製作して失敗した時のAV女優さんの
木偶具合が秀逸ですが、今作では彼女の出番は殆どない
結局津田がピンク映画よりも先にAV監督に就任したって言うかモノローグのみに使われたようですが一応処女喪失のシーンでおっぱいのみは出されていましたが

で結局津田も友田との同棲生活はマンネリ化での破局
彼はその後スマホの出会い系で加藤ツバキ演じるアラサーの農家の娘とデートする
この農家の娘には都会に憧れて出ていったものので戻ってきた
樹花凜演じる反りの合わないヤリマンの妹がおり、
この妹と津田はこれまた出会い系でのベッドシーンも用意してありましたが
姉も妹もいち早く結婚してお互いの鼻を明かしてやろうとしていた。

妹凛は、田舎ではそこそこ目だっていてヤリマンの噂がたっていて
都会から流れてきた短小の男と一夜を共にするものの彼女は満足できてない
それに反して姉は農家の跡取りのとこにさっさと嫁いでしまっており妊娠中と言うお話に

基本シノップスとして四人の女性を描いた連作形式で
それぞれのエピソードを津田を狂言回しにして強引にリンクさせ
各男性・女性のモノローグが主体の一人称映画の話法を用いて、女優さんの濡れ場やハダカを
ある意味均等に配分してるので
どっかストーリーが舌っ足らずな中途半端と言うか、散漫な作品になっていたような気がする
横山みれいをもうちょっと生かすともっと面白い作品になったような・・・

2015年製作、日本ピンク映画、オーピー映画作品
竹洞哲也監督作品
出演:友田彩也香、加藤ツバキ、樹花凜、横山みれい、ダーリン石川、イワヤケンジ、倖田李梨、津田篤
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラコン ! 僕と妹のノゾミ | トップ | 頂点(てっぺん)2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピンク映画」カテゴリの最新記事