MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

ラストウォー1944 独ソ・フィンランド戦線

2017-07-18 18:15:49 | 洋画未公開
7月5日にリリースされたフィンランド映画
ジャケットからは戦争映画と見えますが、なんとコレが完全なるジャケット詐欺
一応時代背景としてはWWⅡですから戦争映画と言っても間違いとは言えません
って言うか、フィンランドってドイツに征服されていたと思ってましたが
一応枢軸国の一員として世界に認知されてるンですね
ドイツとの訣別がラップランド紛争というか戦争だったわけってことですか

そこいらをちょっと認識してないとね
フィンランドの助産婦さんである主人公ヘレナさん、かなりな女丈夫というか
ハンサムなおかた
駐留してるドイツ軍の将校ヨハネスに一目惚れしちゃいまして
彼が転勤になったティトヴカに専門職を生かして看護師として彼女も移動するものの
なんとこのティトヴカ夜営地では
ロシアの住民や兵士たちを捕虜として連れてきて

所謂アウシュビッツと同様の人体実験を行ってる施設だったんですね
そんな背景の中でヘレナは同盟国であるドイツ将校と愛を深めていくのでありましたが
戦局はロシアの進攻によりドイツの不利な状況に落ちていくものの
二人の愛はどんどん深まっていく・・・

戦火は二人の仲を割いていくわけで
ってことで戦闘シーンはちびっとあるものの、なんとこの映画ラブロマンスというか
戦火に引き裂かれ数奇な運命に弄ばれた男女が愛を最終的に貫き通すという
メロドラマと言っても過言ではないかな
ってことで先に書いたように所謂ジャケット詐欺ってことになるんですよ

時代背景がWWⅡってだけでのメロドラマってことですから
そっちでのウリにしたら女性客を取り込めると思うのですが
戦火に切り裂かれる男女の愛というだけでは女子にも受けないってか
詐欺と知りつつも敢えて戦争映画というウリなら
私みたいな馬鹿がひっかかるってことですよね

主人公のヘレナを演じてるクリスタ・コソネンさんって
わりかし美人なんですよね
オープニングではちょっと見ハンサムな男子に見えました

2015年製作、フィンランド映画
アンティ・J・ヨキネン脚本・監督作品
出演:クリスタ・コソネン、ラウリ・ティルカネン、トンミ・コルペラ、ピルッカ=ペッカ・ペテリウス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリミナル・プラン 完全な... | トップ | キングコング:髑髏島の巨神 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画未公開」カテゴリの最新記事