MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

快楽写真館 エロスは暗室の中に

2017-07-13 23:07:03 | OV
女優さんDDの私がエロチックRー15作品のOVでは一番のお気に入りAV女優さん
最近ではピンク映画にもその活躍の幅を広げて好評価を受けてる古川いおりさんの最新の一つ前の出演作セルリリースは5月2日

古川さんと言うことで殆どジャケットも惹句も見ないで見ましたら
何となくどっかで見たことのあるようなプロットにヒロインのナオミと言う名前に既視感を感じてはいましたが
見終わって特典映像のトレーラーを見て納得しました
既視感ありまくりは、そうなんですね谷崎潤一郎の『痴人の愛』を原作にと言うか
モチーフにしてのOV作品だったのですねぇ

私自身の仕事柄ってのもあるし、映画好きと言うのもありまして一応谷崎の『痴人の愛』とか『鍵』等はしっかりと読んでますし
と言うことで、原作と言うかモチーフにって書いたのはナオミと彼女を理想の女に育て上げる男との
葛藤と性への奔放さをテーマとして谷崎の私生活を描いてるのが原作では本筋ですが

このOVではさらに、もう一人の
これもなんか映画で見たことあるような写真館の主人が被写体となってる写真の中のナオミに恋をし
彼がナオミとの愛を妄想するって言うシークエンスを加えていましたので

コレが迷彩となっていたようで私には『痴人の愛』に似てるなって言うことで
まさか原作とは気づかなかったのは
古川さんしか眼中になかったって言う影響も受けていたのかも知れませんけども(汗

そうですよねブログを書くためにジャケット画像の絵面をしっかりと見てみれば
大正ロマンと言うか、昭和初期の大正デカダンスの様相を実に旨くトリコんだ構図ですし
OV自体の時代背景も家具調度品とかロケ地とかキャラクターの衣装とかに
昭和モダンのかおりを醸していましたが・・・

電話機が昭和40年代物でしたっけ、ラジオも真空管ラジヲじゃなかったなぁボディがプラスティックだったのですよ
全く背景となる時代は一応昭和って言うのをわからせてるのかな
ってかヒロインの衣装にしてもそう言う事ですか・・・って言う感じで
ブラジャー無しでスリップと言うかシミーズだし、パンティじゃなくてズロースって言うこだわりは少なくとも買えますが

舞台となるお屋敷の応接間(敢えてこう言います、決してリビングではない)の壁のエアコンが
実に最新モデルってのは・・・細かいとこに目がいっちゃうんですねぇ

と言うことで、貞淑で知的に育てられたナオミが実は淫乱な女王様であり
その肉体におぼれ、彼女の意のままに動かされる中年男の悲哀を
古川いおりさんの演技でのコントラストを演じわけるという見事さには・・・もう演技派女優さんですねぇ

2017年製作、日本OV、ネクスタシーEX作品
富岡忠文脚本・監督作品
出演:古川いおり、松原正隆、渡部遼介
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュリエッタ | トップ | マン・ダウン戦士の約束 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。