MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

フレンチ・ラン

2017-08-09 00:05:42 | 洋画
海ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で知ったリチャード・マッデンと
「アベンジャーズ」でお馴染みのイドリス・エルバが
捜査には手段を選ばないCIAはみ出し捜査官と天才スリの水と油のアメリカ人二人が
フランスのパリで爆弾テロ組織に戦いを挑むアクション映画
ある意味小粒に仕上がっていますし、プロット的には使い古された感が否めない
サスペンスアクションですが、作劇術が上手いので93分退屈はしませんでしたし
それなりに面白かった

まず映画としての掴みがいいよね
パリの観光地でマッパのお姉ちゃんが登場し
みんなが彼女に目をうばわれてる隙にリチャード・マッデンが携帯財布に腕時計更には
画面にでていたかどうかが見れていなかったのですが日本人のパスポートまでをすりとります
まさか全裸のお姉ちゃんがでて来るなんて
もう映画としての掴みは満点ですがな

で邦題は「フレンチ・ラン」と意味不明なんですが
原題「BASTILLE DAY」その名の通りバスティーユ監獄から火が付いたフランス革命の記念日
フランスでは休日なのですね7月14日は
そうなんです、革命記念日の前日パリの町中で爆弾が爆発し4人が犠牲に・・・
犯行声明が出されるテロ行為だったと
更に現場付近のカメラから犯人と目されるリチャード・マッデンの顔まで判明する

イラクで上官の命令に背いて爆弾を身につけた6人を有無も言わさずに射殺したはみ出しCIA捜査官がパリに着任したばっかで
その捜査官がイドリス、24時間もらって勝手に捜査を開始して
スリの居所までたどり着き、さんざ屋根の上のおいかけっこの果てに
パリにあるCIAのセーフハウスで尋問を開始し始めた途端にテロ組織らしき人物に襲われるが・・・

ま、映画でも順当に暴露してますから言っちゃいますが
テロ組織とは偽りでして、爆弾を破裂させ、犯行声明をだし
ネットで民衆を煽って国立銀行にデモを掛けさせ
銀行内部に警備の名目で侵入しビットコインで5億を強奪するという
対テロ対策特殊部隊の連中が仕組んだ強奪計画

それをCIAとスリのアメリカ人の即製バディコンビが壊滅するというお話に
もう一人爆弾を仕掛ける役割を負わされたお姉ちゃんが色を添えてくれてます
この人かなりな美人ですがな
シャルロット・ル・ボンと言うのね、
事件には更に黒幕がいて・・・この黒幕が実にトニー・スタークにそっくりでして
もうなんだか「アベンジャーズ」見てるかと・・・

2015年製作、アメリカ・フランス合作映画
ジェームズ・ワトキンズ脚本・監督作品
出演:イドリス・エルバ、リチャード・マッデン、シャルロット・ル・ボン、ケリー・ライリー、ジョゼ・ガルシア、ティエリ・ゴダール
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎町ブラックスワン キ... | トップ | セル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。