MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち

2017-09-02 17:33:33 | 韓国映画
ごくごく最近韓国映画の面白さを覚えましたので極力韓国映画がリリースされると見るように努めていまして
何かないかとみたらどうやら韓国ドラマでお馴染みのような時代劇
私韓国映画は見ますがTVドラマは見ませんのでこのようなジャケットのようなのは敬遠していたのですが
借りるものもあまりないので、惹句を見ると

大河を売った詐欺師のお話のようなので一応借りてきましたが
これは大変面白かった、韓国映画特有のエグさはありませんけども
ってどうやら主演の男優さんたちはアイドルのようですねぇ
実にイケメンさん、それにコ・チャンソクとの対比の妙もあるんですよね
日本では殆ど知られていないですが、主人公の詐欺師は韓国では超有名な義賊みたいな人だったんですねぇ
だから誰でも知ってる人のお話と言うことですか

明るく楽しく痛快なお話に2時間飽きずに見続けました、
清に人間の楯として拉致され戦場に駆り出されうまく生き延びることができた
イノンは戦死しなかったことは残りの人生はおまけの人生
楽しく生きていこうと決心し

ある時は王宮の黄金を盗み出し、
ある時は悪徳商人から財宝を脅し取り、
またある時は汚職役人の密輸品を狙う犯罪者になっており
彼の犯罪計画は入念な準備と丹念な偽装の上に
相手を安心させ、自分を信じ込ませて金品をせしめていったのである

17世紀の朝鮮で、全土をまたにかけて詐欺と窃盗を繰り返した主人公とその仲間の活躍を描く映画ですが
戦場で拾った命、おまけの人生は楽しく過ごすと反権力を貫く姿は、
実に主人公の容姿と相まっている見事な英雄映画の様相が小気見いいのである

あるとき清に内通する国家の裏切り者のソンが管理するタバコの強奪を計画し
見事に成功するものの
仲間のキョンがイノンの身代わりに捕まり彼の目前で処刑されたのをきっかけに

ソンへの復讐を後半と言うかこの映画のメインシノップスになっての大河を売ると言うことだったんですねぇ
その河川で砂金が取れると知ったソンは河川の所有権を手に入れようとするように
周到に仕込まれた餌を撒き、ソンを罠に誘い込んでいくプロットは実に遠大かつ深謀
見事なまでに伏線を張り巡らしていく様が実に楽しい

最後のケレンで、国王さえも手玉に取っての手腕には目を丸くするばかり
これほど非暴力でカタルシスを得られるような映画を韓国でも作るんですね

2016年製作、韓国映画(日本公開作品)
パク・デミン脚本・監督作品
出演:ユ・スンホ、チョ・ジェヒョン、コ・チャンソク、ラ・ミラン、シウミン、ソ・イェジ、チョン・ソクホ、ヨン・ウジン、キム・ヨンピル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

發の竜~逆転の闘牌~第二章

2017-09-02 03:15:03 | Vシネマ
オールインの2本撮り麻雀ドラマの新シリーズの第二弾ですが何とリリースの間隔が4ヶ月と間が空いてしまいましたね

前作での一千万の借金と自分の肝臓を賭けた麻雀勝負に負けた
ゲーム会社の社長である伊織竜
一応繋がりと言うことでしょうか外科医が勝負の形をつけに来て
新たなドナーが見つかったって言う安直さで彼の肝臓こそ助かったものの、
会社の負債手形が何と前作で卓を交えたヤクザの水口に渡り、
今度はヤクザ同士の利権争いの麻雀勝負の代打ちとして
勝てば借金チャラ負ければ命と言うことに・・・

超ミニスカの倉持由香とともに勝負に挑むが、
倉持自体も親分に父親の件でゆすられていると言う
さらに相手側は裏打ちの名人天宮良に何とノブコブの徳井健太コンビ
このシリーズは麻雀相手に芸人さんをもってくるようですね

って言うか雨宮良も実は相手の親分に娘を人質にとられていて
と今作も人生を抱えての麻雀勝負に・・・
主人公とともに三人が人生を賭けてという展開なのに徳井だけ何もない訳でして
って言うか彼は実はWスパイでして・・・

何でこんなチャラチャラしたお兄さんがが主役なんだろうな
さらに首にドラゴンに見えるアザが今作でもでて来ますが
これってシリーズ化の伏線なのかなぁ

相変わらずの人生模様を賭けての麻雀勝負の設定は変わらず。
佐藤乃莉が最初と最後にでて来ますがやっぱシリーズの伏線なのかなぁ

今作では雨宮良がアクションを見せてくれてるのが一応ドラマの芯になってるんだろうな

2017年製作、日本Vシネマ、コンセプトフィルム作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:滝口幸広、佐藤乃莉、大村波彦、天宮亮、平成ノブシコブシ徳井健太、倉持由香、木村魚拓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

發の竜~逆転の闘牌~

2017-09-02 02:32:32 | Vシネマ
4月にオールインエンターテインメントからリリースされた麻雀ドラマが
シリーズ化されていくようなタイトルなのでしたのと
オールイン恒例の2本撮りと言う観点から2が出てから一気見とリリース直後のレンタルを避けたら
なんだろうな4ヶ月後の続編リリースになってました
「むこうぶち」シリーズの片岡修二監督さんですがお仕事が片岡御大タイトだったのでしょうか躰中洋蔵監督が何と演出応援してるんですねぇ

主演の發の竜には滝口幸広と言う私にはあんまり馴染みのない方加えてで、主人公のキャラクターがプロの裏打ちとか代打ちの雀士じゃなくて、何とまぁ
ゲームソフト会社の社長で会社の資金繰りに行き詰まり、
闇金にまで手を出したあげく麻雀で穴埋めをしようとしてる人物

しかし返済に当てようと高レートの麻雀勝負に手を出しても追い付かない
あげく闇金業者から瀕死の重傷を負わされ、病院に担ぎ込まれてしまう。
そんな金に困ってる話に彼を担当した担当女医が1000万で彼女の夫の為に肝臓を売らないかと持ちかけて来る

一方、ヤクザの親分がお勤め中に、その女房に手を出した銀行員
出所した親分にシボられ、女は自殺未遂してしまい命か金をと因縁を吹っ掛けられ
こんな四人が互いの命とか肝臓とか自分の嫁とか風俗に堕ちるか
と言った究極の人生をを賭けての半荘の一発勝負に挑む・・・と言ったお話

つまりこういった麻雀ドラマとはちょっと一線を画した
麻雀のゲーム的展開で見せるドラマじゃなくて
雀卓を囲んでの4人の会話からそれぞれの勝負に賭けたうらがわらを見せてくれて
さて勝負の行方は・・・って言うキャラクターの人生模様にどんな結末をつけるのか

命を賭けたリーマンにダイノジの大谷ノブ彦が・・・結構シリアスな演技でおいしい役でした夫の肝臓のために負ければフーゾクに堕ちるかと言う女医さんには佐藤乃莉
ベテランの大村波彦が女房を刑期中に寝とられたヤクザの親分と
主人公が実に影の薄い存在にしています

2017年製作、日本Vシネマ、コンセプトフィルム作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:滝口幸広、大谷ノブ彦(ダイノジ)、佐藤乃莉、井上奈々、大村波彦
コメント
この記事をはてなブックマークに追加