SEVEN SEAS Hot Shot's

"セブンシーズ" 釣果写真

年末のヒラマサ、ブリ

2017-01-24 14:58:06 | 釣果情報

2017年

明けましておめでとうございます。

年末の玄海灘にて。ヒラマサ。約8kg IZANAGIにて

年末の舞鶴沖。ブリ約10kg

12月、1月と本当にさぶい日が続いています。

北寄りの風が強く船が出れない状況の中の釣果です。

2月いっぱいまでは寒波も続きそうですが、3月になれば釣行に行ける機会が増えると思います。

後、約一月の辛抱です。タックルのメンテナンスをお忘れなく。


この記事をはてなブックマークに追加

年内最後の与那国

2016-10-27 16:59:53 | 釣果情報

10月7日より10月11日までの5日間総勢10名での与那国遠征。

6日の天気図では台風18号は西えと去り、秋雨前線は北上。ピーカンのべた凪の予定が

台風18号が台湾の西に停滞し、秋雨前線を南下させ土砂降りの大シケ。

初日、初めての参加組が5名いたので何とか海に出るも3~5mの大波。風速15mと釣りどころ無い状態。

昼からの宴会で夜の部に異動。

2日目、前日は南風だったので島の北に回っての釣りの予定が朝起きると北風15m。

南に回るも前日より酷い状況。8時出船、11時寄港。昼の宴会のち夜の宴会。

3日目は北風がやや落ちたので、南の新曽根にイソマグロとカンパチ狙いで出航。

島影を走る分には凪だが沖に向くと3~5mのうねり。土砂降り。

全員船酔い。何とか3時まで頑張るもノーフィッシュ。 

今回、3隻のチャーターでジギング2隻、カジキのトローリング1隻でトータル。

オッサンチームはノーフィッシュ、カジキチーム、1日棄権、2日ノーフィッシュ

若者チーム、イソマグロの10kg前後4,5本、デカそうなカンパチ、イソマグロ3、4回リーダーブレーク

と散々の結果。

与那国4日間の滞在期間中の降水量は約345mm。

4日間の日照時間、約4時間。

帰阪の朝は晴れ。初めての与那国でツライ目をした方々にお詫びします。

今回は、海に天候に負けましたが、次回は来年の4月の予定ですので、再戦とチャレンジしてきます。

 

使用タックルは10名全てセブンシーズロッド。

スロージギング専用ロッドと近海のジギングロッドの(全てテスト済み)写真撮影も兼ねていましたが

いい写真が取れ次第、全11アイテムアップします。

今回お世話になった、勝丸、第6智美丸、第6日栄丸、太郎丸の皆さんお世話になりました。

ご参加頂いた皆様ご苦労様でした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

フランスの友人

2016-09-11 13:40:19 | 釣果情報

先月、フランスの友人よりの便りです。

地中海にて、ブルーフィンツナ。

100kg、120kg、150kg。

使用ロッドは

セブンシーズ アトミックソード705XX

セブンシーズ ノーザンマリアナ134R

リールはシマノステラ30000

パワーゲームはいいですね。

日本も、そろそろ灼熱の時期が過ぎようとしています。
スポーツフィッシングの季節がやってきます。

アングラーの皆さん頑張って下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

紀東のカジキ

2016-09-05 13:33:48 | 釣果情報

8月22日鯛屋旅館の漁船をチャーターしてのトローリング。

高水温にもかかわらずマカジキをゲット。

40kg、ファイトタイム15分。

今年は、紀東の海が調子いいですね。カジキもキハダも

まだまだ黒潮の強い影響が有りますのでこれからも楽しみです。

枝次様おめでとうございます。

10月は与那国で200kgオーバーを。

 


この記事をはてなブックマークに追加

5月の与那国

2016-05-27 16:59:27 | 釣果情報

5月20日より4日間、遠征初体験の方々4名を伴いジギング、キャスティングの釣行報告。

梅雨前線の影響で雨、風を心配しながらの遠征でしたが、天に愛されたようで、べた凪の微風、時折の霧雨程度での一日目のスタート。

午前7時に出航。カンパチのポイント、ウマの瀬へ。港より南南西15マイル

このポイントは、150m~230mでのジギング。大潮なのに潮動かず。昼までに1kg程度のシオ1匹。

午後よりポイント移動。カンパチを諦めイソマグロに変更。島の南東6マイルの新瀬。

水深は100~130m。 ジグを落とすと直ぐにヒット。参加したアングラーにとっては

イソマグロの強烈な走りは初めての経験。手つかずのままロスト続き。

キャッチできるのは、5~10kg前後。

ロストの連続でポイント移動。西崎へ。港より10分程度ですが与那国最強のポイント。

普段は2~4ノットで潮が流れているのですが全く動かず。不思議な事に魚のバイトは頻繁ですがロスト続き。

イソマグロの10kg前後ばかりのキャッチ。オールリリース。唯一GTの25kg前後と今晩の夕食の根魚。

与那国の釣りでは遠征時は必ず出航時、帰港時とGTのトップウォーターで始まり、一日が終わります。

毎夜、海人を集め宴会。

2日目はパヤオにメバチを狙って7時出航。潮動かず。3~6kgのメバチのみ。

初日同様にどのポイントに行けどもイソマグロをロスト。バイトは頻繁に有りますが、全て魚のいいなり。

今宵も宴会。 1名、仕事の都合で帰阪。

最終日もイソマグロ。何とか20kg以上をと、私、船長ともども奮闘するも17kgが今回のビゲスト。

今回参加された4名の方々にとってはまさに目から鱗だったと思います。

普段は関西を中心に頻繁に釣りに出かけ大型のブリ、ヒラマサを釣られているアングラーが

10kg前後のイソマグロに遊ばれている姿。30,40kgのイソマグロが間違いなく掛かっているのに何も出来ない姿。さぞ悔しかったと思います。

それで良いと思います。そこからが始まりです。実際に実感してこそのビックゲームです。1日目より2日目

3日目と間違いなくスタイルが様になってきています。

タックルのバランス、ヒットしてからの心の準備、全て経験しなくてはわからない事です。間違い無く次につながります。

今回のヒットジグは全てHOOKER 

使用ロッド Dog tooth 565 ORENTAL HIRAMASA56 Big POP77

今回お世話になった勝丸(中島船長)3日間本当によく走って頂きました。感謝 感謝

参加頂いた、高橋様 引間様 ヨナオ様 小畑様お疲れさまでした。 

次回は7月 10月です。

初めての方で興味をお持ちの方はご連絡下さい。

 


この記事をはてなブックマークに追加