大宮喜三郎の腹黒徒然草  下巻

     沖の干潟遥かなれども、磯より潮の満つるが如し

今年も桃ジャムを作り始めた。

2017年08月05日 22時31分16秒 | 日記
 手始めに、「あかつき」から・・・。
       
 これから「白鳳」 → 「川中島白桃」 と季節が移って行く。
 
 このジャムを楽しみに待っている人が居る?って思うと、チョット幸せな気分になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マタタビの収穫とマタタビ酒... | トップ | 日光・鬼怒川方面へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。