私が死んだあとであなたが読む物語

基本的には「過食症患者の闘病記」、と言っていいでしょう。

通院開始

2016年10月18日 21時13分47秒 | 過食症
通常状態86日目。

精神科の病院に行ってきました。

男子部の人に言われたんです、病院に行った方がいいって。

前々から言われていたんですが、ノラリクラリとかわしてきました。

かつて摂食障害になりたてのころ、通院していた時期があるんです。

でも結局過食の発作が治まらず通わなくなりました。

以来、病院なんて行ったところで意味が無いって思うようになりました。

薬とかそんなんじゃない。

要は自分なんだって。

そういう考えがあるから、男子部の人に言われても今まであまり聞く耳をもたずにいました。

でも今回、結構熱心にいわれてどうもかわせそうにないなって思いました。


行きたくない理由として、まずお金がかかるということ。

次に、薬を飲みたくないということ。

通常状態のときは自分が口にするモノに対してやたら神経質で、余計なものを口にいれたくないんですな。


それでもまあ結局は病院に行って来たわけです。

なかなか腰が重くて気軽に行ける感じじゃなかった。

初診ということもあって医者の先生とはけっこういろいろ喋った。

過食症について誰かと話をすること自体がかなり久しぶりでした。

学会員の人たちには言っていません。

恥ずかしくて言えない。

ただ精神的に病んでいることはわかってもらっています。

家族とも過食症や病気のことについては話さない。

信頼してもらっているんだと思います。

だからこそ、治さないと。

この通院が意味あるものになるよう祈ります。

いや、必ず意味あるものにしてみせる。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンピースを見てみる | トップ | 「邪魔」 奥田英朗 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

過食症」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL