なびの「ごはん食べましたか?」

韓国の歌手シン・スンフンさんとイ・ソラさんのファンです。猫・着物・韓国ネタなど、心のままにに綴ります。実家汚片付けなう。

床の間とは何ぞや

2016-10-14 23:34:05 | 実家の片付け

パソコンの箱どこ事件はお父ちゃんの逆鱗に触れたらしく
わしら夫婦は弟に「とっとと二階行きやがれ」作戦を決行することになりました。
そんでもってくたびれながら今週の金曜も実家行きです。

段ボールをもう少し買いたくてD2の開店まで待つと遅くなるしで
初めてのロイヤルホームセンター(9:00開店!ありがたや)
今日は10:00少しすぎからの作業です。

弟はネットビジネスにハマり自己啓発セミナーとか
いろんなスターターキットに投資したけどうまくいくはずもなく
ただ利用されているだけなのに気づかない残念な奴です。
床の間に山と積まれた賞味期限切れの健康食品
これをバラしたわけですね。
そして空けた場所に二階から母のものを持ってきます。

嫁入り道具の鏡台と祖母(母の母)が使っていた古い引き出しです。

片付け途中なんでまだこんなですが

少し部屋の様子が変わりすぎて母も混乱しているようなので
敢えて思い出の品にこだわってみました。

床の間に埃まみれになって置いてあった熊のぬいぐるみも
昔姉の子たち(孫娘たち)が遊んだとかで懐かしがったので
捨てずに取っておくことにしました。

着物たちも二階に置いておくと救出できなくなる恐れがあるので
よほどの状態でない限り一階に下すことにしました。

思いがけず早く逝ってしまった父
二人で老後を過ごすはずだった部屋を弟から取り戻し
懐かしい記憶を母は時々思い出せるのでしょうか

一間の床の間はクモの巣だらけでしたが少しはきれいになりました。
今かかってる掛け軸じゃなくて
昔貼ってあった、しゃれこうべが二つ転がってた絵が私は懐かしいです。
そこに書いてあった唄は

‟けんかしないで暮らそじゃないか
末は互いにこの姿”


頑張ろう、もう少し。
そろそろ姪たちに連絡しても良さそうな感じ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十三夜 | トップ | おうち大好きに拷問の日々? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む