わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

渡れない鴨

2017-07-15 21:29:49 | Weblog

      

          夕映えを映す水面を揺らしつつわれに近づく水鳥一羽

          歳老いて渡り出来ざりし鴨なるか吾に近づきて餌ねだりたり

          日本の暑きこの夏いかにして過ごすや渡り出来ざりし鴨

 夕暮れの吉備路を用水路に沿って歩いていると、夕映えの写る水面を揺らしながら水鳥らしきものが一直線にわたしに向って泳いできました。私の前まで来ると泳ぎを止めたので、よくみると雌鴨だったのでびっくりしました。鴨といえばもうとっくに北の国へ渡りをしているはずです。どうしたの?歳老いて渡りが出来なかったの?暑い夏をどうやって過ごすの?餌を持ってなくてごめん!等としばらく話しかけてみました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕茜 | トップ | 白桃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL