わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

大山祇(おおやまづみ)神社

2016-11-04 20:39:55 | Weblog

     

         大山祇神社に二千六百年生きて楠なにを思ふや

         樹木ほど長寿なるものほかに無し生きとし生けるものの中にて

 まず最初に行ったのは大三島の大山祇神社です。この神社の境内の中央には、国指定天然記念物である楠の大木があります。これは島の先駆者である小千命(おちのみこと)によって植えられたと伝えられており、樹齢2600年とされています。気の遠くなるような年月をここに立ち、いろいろなものを見て来た楠は、いったい今の世をどう思っているのだろう。それにしても樹木はなんと長寿なことかと思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しまなみ海道 | トップ | 男の浪漫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL