わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

秋祭り

2016-10-13 20:42:44 | Weblog

  

       石段を上れば広場に大太鼓みこし幟が出番待ちをり

      本殿の中は儀式か舞を舞ふ子どもの巫女の緋袴まぶし

      獅子舞の舞ひ手居並ぶ装束の紺と白とが秋陽に光る

 10段あまりの石段を上りきると広場があり、そこには幟やみこしや太鼓などが飾られ祭りムード一色でした。新築された本殿の中には、舞を舞う子どもの巫女さんの姿も見えました。この神社の名物は何と言っても岡山県指定重要無形民俗文化財となっている「獅子舞」です。雄と雌の獅子が舞うのですが、広場には獅子の中に入って獅子を操る多くの人たち(舞い手と言う)が整列していました。紺色の法被に白のズボン、素足に草履という出で立ちが、おりからの秋の陽に美しく光っていました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出店と石段 | トップ | 獅子舞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL