わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

アート

2017-01-28 22:06:12 | Weblog

               

          あまた実を付けて末枯れしひまわりが夕空に垂れアートの如し

 暑い夏の道端に太陽のような花を咲かせ、多くの人の目を楽しませてくれたひまわりが、秋にはいっぱいの種をつけて頭を垂れていました。その後、種を取る人も無く、片付ける人も無く、今ではすっかり枯れたまま立っていました。ちょうど太陽が西に傾き始めていて、明るい夕空をバックに頭を垂れたまま枯れてしまったひまわりが、影絵のように浮かび上がり、まるで現代アートのようでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自国第一 | トップ | 冬の贈り物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL