わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

冬の蚊

2016-12-19 20:58:00 | Weblog

               

          憎らしくもなんと逞し冬の蚊よ師走半ばに刺されて目覚む

          やうやくに打ち取りみれば冬の蚊の吸血管は太く逞し

 私は窓をよく開け放つので、蚊が暖かい部屋に入って来るのでしょう。十二月になっても夜中に時々蚊に襲われることがあります。もう大丈夫と思って蚊帳を吊らないで寝たところ、やはり蚊に刺されて目が覚めてしまいました。憎らしいけれども、暖房をして寝ている私を刺すなんて、冬の蚊のなんと逞しいことかと思いました。朝起きてやっと打ち取った蚊は、夏の蚊よりも太くて逞しい吸血管を持っているように見えました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十二支の土鈴 | トップ | 庭掃除 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL