わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

雲間草(くもまぐさ)

2017-02-13 20:35:25 | Weblog

       

         亡き母が恋しくなりて店先に小さく咲ける雲間草買ふ

         薄紅の雲間草の一輪を小瓶に挿せばほのと明るむ

 やっと今日は泣かないで金田たつえの「お母さん」が唄えるようになりました。でも買い物に出かけても母を思い出してしまいなんとなく寂しくなってしまいました。こんな時は花でも買って帰ろうと思い、可愛らしい「くもまぐさ」を買って帰り鉢に植えました。植える時一輪折れてしまったので、小さな瓶に挿してみるとほんとうに可愛らしく、ふっと心が明るくなりました。これからこんな可愛い花を一杯咲かせてくれることでしょう。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お母さん | トップ | 糀(こうじ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL