わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

靖国神社の神盃とお守り

2017-06-28 18:02:10 | Weblog

  

         戴きし靖国神社の神盃の素焼の白さ何を語るや

         真白なる骨にも見ゆる神盃に菊と桜の浮模様あり

         記念にと靖国神社のお守りを自分のために一つ買ひたり

 昇殿参拝を終えて本殿を下がる時、赤い盃で御神酒を飲ませていただき、記念品として箱に入った神盃をいただきました。靖国神社は戦没者を神様として祀る神社ですが、後に戦犯の人たちも合祀したことで複雑な気持ちがあるのは確かです。でもここに父が居ることには間違いなく、父が守ってくれるような気になり、自分のために小さなお守りを一つ買って参集殿を後にしました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昇殿参拝 | トップ | はとバス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL