わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

東大赤門

2017-06-22 20:58:05 | Weblog

   

       あこがれの東京大学赤門を七十五歳に孫とくぐりぬ

       二百年の時空を越えて赤門は溶姫(ひめ)思はしめ梅雨に華やぐ

 学生時代にはただあこがれの存在で挑戦しようとも考えなかった東京大学。その大学の赤門を75歳になってくぐることが出来ました。それも男孫と一緒に・・・・言葉には表せない感動でした。この門は加賀藩の前田斉泰が徳川家の溶姫を正室に向える時建立されたもので、補修されながら今も現存していることに歴史の重みを感じました。梅雨空に美しく映えている赤門は、まるで若くて華やかな溶姫のようでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の東京 | トップ | 三四郎池 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL