わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

白桃

2017-07-16 21:29:36 | Weblog

               

         桃農家の友のはやばや持ちくれし白桃二個が優しく香る

         白桃の甘き薄紅食みながら独り暮らしを悔やむ夏の夜

 岡山の名産清水白桃のピークは8月ですが、はやばやと友が白桃二個を持って来てくれました。彼女の実家は桃やマスカットの生産農家なので、毎年届けてくれます。感謝しながらさっそく一つをいただきました。薄い黄色の中にほのかな薄紅のさす桃の一切れを噛むと、柔らかく甘い果汁が口いっぱいに広がりました。そんなわけで今日は「おいしいね」と話しかける相手がほしいとちょっとだけ悔やんだ夜となりました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡れない鴨 | トップ | マスカットとピオーネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL